BP-001-336x280-Main-Top
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
 TOPタイ旅行記1泊2日カンチャナブリーツアー1日目
タイメニュー
BP-001-336x280-Main-Top


■2004/8/8(日)
1泊2日カンチャナブリーツアー2日目


6:30起床。朝早く目が覚めてしまいました。
とりあえず下に降りてみますが誰もいません・・・。
仕方がないのでハンモックでゆらゆらしてました。


▲毛が濃くすみません

1時間近くそこでウダウダしてましたら、ようやくガイドがやってきました。

『朝食は食べたのか?まだか。それなら食べて来い』

水上ホテルから川岸に橋が架けてありまして、
陸地にあがれるようで、その奥の掘っ立て小屋で朝食が用意してあるそうです。

▲こんなとこでした ▲このおかゆは結構おいしい

今日の朝食はトースト、スクランブルエッグ、そしてタイ式のおかゆです。
ドイツ人のアンジェラ達はおかゆは気に入らなかったみたい。
まぁ、あんまり食べなれていないんでしょう。
日本人であれば問題なく食べれる、フツーのおかゆです。
ただ、ビリ辛なのがタイ風って感じでした。

10:00、ボクを含めた男4人と女4人の8人は集められまして、
イカダに乗せられました。どうやら、バンブーラフティング(竹のイカダの川くだり)をするようです。

一番先頭に船頭のタイ人、前に4人女の子、後ろに4人男が乗り込み、
ゆらゆらと出発です。


▲結構楽しい

いやー、なんかすごい。ちょっとデンジャラス。
でも、川の流れは早くないのでそんなに怖くはありません。

20分ぐらい下ったでしょうか。
川は左にカーブしています。
で、ちょうどそのあたりは渦を巻いていました。
その渦にイカダがつっこんで行きます。

すると・・・
ボクの座っていたところに水が上がってくるではありませんか。

「うわ!」

思わずボクは立ち上がってしまいました。
そしてそのイカダはバランスを失います。
右へ左へ大きくイカダはゆれ、そのゆれもだんだん大きくなっていきます。

「うぅっやばい!!」


どっぼーーーん。


イカダ転覆。もうね、ありえない。
当然ライフジャケットなんて着ていません。
死ぬっつーの。

なんとかイカダに上ったのですが、もう何もかもびちゃびちゃ。
落ちる前に大事なバックだけは無くさず手に持つことは出来たんですが、
その中に入っていた携帯、デジカメ、電子辞書、パスポートはすべてびちゃびちゃ。

まぁでも転覆したのは男が乗っていたイカダだけだったのでまだ良かったですが、
もし女の子のだったら悲惨だったでしょう・・・。

女の子たちはその光景を見てもうパニック。
わぁーきゃぁー叫んじゃって・・・。まぁ、無理も無い。

なんとか川岸に止めてもらおうと船頭に話をするも
まったく英語がしゃべれず。いったいどこまで流されるんだろう・・・。
ガイドから何も聞かされず乗せられるままに乗せられたので、
みんな落ち着きません。

そこから30分ぐらい下ったでしょうか。
昨日昼食をした川の上のレストランが見えてきました。
すると川岸にロープがつないでありまして、
船頭はそこに飛び込んでロープを掴み、イカダを止めました。
はぁ〜、こうやって止めるのね・・・。ふぅ。とりあえず一安心。

そこへボードがやってきまして、乗り換え。
なんとかレストランに到着することができました。

電子機器を確かめてみますが、すべてダメ。
まじでショックでした。あれだけ撮った写真が・・・と思うと泣けてきました。
ただその後2日間乾かしましたらデジカメだけは生きてまして、
写真はそのまま残ってました。ホントよかったです。

しかしまじで大変な思いをしましたよ。
みなさん、スカイダイビングやラフティングなどホントに気をつけたほうがいいと思います。
日本みたいな安全な国、どこにもありませんから。
ここで声を大にして言いたい。

『海外旅行は自己責任です!』


その後、荷物はそこで乾かしてもらうことにして、象に乗りにいきました。
車に乗ってエレファントキャンプまで行きます。
そしてついにぞうさんに会うことが出来ました!
超感動です!すごい!ぞうさんすごい!!

タイに来た最大の目的はぞうさんに乗ることだったんです。子供じみてますが・・・。
でもその目標が達成され、ホントに満足です!!

そしていよいよ象に乗ります!
火の見やぐらみたいなところに象が横付けしまして、そこから乗ります。
象の背中に木で出来たイスがありまして、そこに3人で乗り込みました。

45分ぐらいかけてジャングルチックなところをお散歩しました。
途中でおならしたり、疲れたら止まったり、崖を下ったり上ったり!
ホントサイコー!!象の上から見るジャングルの景色もすばらしい!
見たこともない蝶とか飛んでるんですよ!これはたまりません!!

なんと言うんでしょう、この感じ。気持ちイイーー!!!
これは言葉ではいい表せない!これを読んだ方、是非是非乗ってみてください!!!

しかし写真が無いのは非常に残念であります・・・。
このときはまだ直ってなかったんだよね・・・。

その後、レストランに戻って昼食。ビーフンでした。

ということで、今回のツアーのアクティビティーはこれで終了。
あとはバンコクに帰るだけですが、他メニューのツアーで今日バンコクに帰る人たちを
待っていっしょの車で帰るようです。現在14:00。あと1時間ぐらいは待ってろとのこと。

そして午後3:00、ジュリア達と別れを告げて、
バンコクのホテルに4時間ほどかけて戻りました。

▲ウィンロンプレイスというホテル ▲割と小奇麗

ようやくホテルに到着。ふぅ〜。
今日から4日間はこのホテルにお世話になります。

で、チェックインするのですが、ここでもまたもや部屋がブッキングとのことで、
ワンランク上の部屋に今日だけ泊まることになりました。
ふーん、結構頻繁にこうゆうことってあるのね。

20:00。お腹が空きました。ちょうどホテルの隣にコーヒーショップがあって、
そこでタイ料理も出来るようです。そこでトムヤムクン、チャーハン、鉄板野菜炒めを注文。
あんまり期待をしていなかった割には結構イケました。おいしかったです。

ちょっとインターネットがしたいと思いまして、町を散歩してみました。
なんとか日本語フォントのあるネットカフェを見つけてネットとメールチェック。

うーん、まだ9時かぁ。地図を見ますと歩いていけそうなところに
あのゴーゴーバーで有名なハッポン通りがあるではありませんか!
うん、社会勉強、社会勉強。見るだけ見て帰ろう。

ということで行ってみたのですが、まぁとにかく凄い。
通路からゴーゴーバーの中が見えるのですが、

!!!

うん、踊ってる。踊ってます。踊ってますよ。
え?まじですか?そんなのいいの?みたいな。
何といいますか、パワーを感じます。

とりあえず見るだけにしようと思ったんですが、
結構強引な客引き(♀)に連れて行かれて中へ・・・。

でもって中に入るとまた違う。とにかく圧巻。
とりあえずビール1杯で強引に出てきました。
なんとなくシステムと雰囲気だけは味わうことができました。
こりゃ凄いわ・・・。
これも一見の価値ありです。

その後、コンビニでインスタントカメラを購入してホテルに帰りました。

いやぁー、今日もまた充実してました。
明日は1日フリーであります。バンコク観光でもしようっと。
シャワーを浴びて寝ました。

戻ります  続きはこちら・・・
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc