BP-001-336x280-Main-Top
国内・海外土産通販サイトのギフトランド
 TOPタイ旅行記1泊2日カンチャナブリーツアー1日目
タイメニュー
BP-001-336x280-Main-Top


■2004/8/7(土)
1泊2日カンチャナブリーツアー1日目


朝5:30起床。とりあえず、朝食です。

▲ホテルの最上階近くにラウンジがあります ▲いい眺めです

ここはバイキング方式でした。

▲軽めです ▲ラーメンをその場で作ってくれます

左上のタイ風ラーメン?は絶品でしたよ!

部屋に戻ってチェックアウトの準備をしていますと電話が鳴ります

「アーユーシマ?カンチャナブリツアー?OK!ハーリーアップ!」

なんだか知りませんが急がされまして、ミニバスに乗り込みました。

いくつかのホテルを回ってツアーに行く人たちをピックアップします。
8人ぐらい乗ったでしょうか。
どうやら日本人はボクだけのようです。


▲フツーのワゴンですわ

ボクはもっと大きなバスに乗り換えるのだとばかり思っていたのですが、
いつの間にか高速に乗っていました。
え?このミニバスで行くの?マジで?みたいな。


まず初めに行ったところは第2次世界大戦記念碑。

▲記念碑です(ぅぅぅ

そのあと記念館。

▲機関車なんかありました
 
▲バイクも・・・
 
▲有名な鉄橋 ▲その鉄橋を電車が通ります

そして記念館のすぐ隣にある鉄橋を見ました。
映画『戦場にかける橋』で有名になった鉄橋です。
映画は見ていませんが、日本人が捕虜を使って作った橋だそうです。
かなり酷いことをしていたみたいですが・・・ううぅ、悲しい歴史でした。

このあとはもう少し北の駅からこの電車に乗るとのこと。
ミニバスで30分ぐらい北上します。

▲とっても田舎な駅

12時に列車が来るそうですが、それまで15分ぐらい待ちます。
しかし、なんだかすごく田舎でイイんです。
まったりとしたよい時間を過ごせました。

そうこうするうちに列車がやってきまして乗り込みます。
しかし、すごいんですよこの列車。
何がすごいって・・・



ドア無いんです。

日本じゃまず有り得ない。
ホントすごい。


で、この列車のみどころはと言いますと、
やはり木造の橋でしょう。

 
     

とってもスピードが落ちまして、ゆっくりゆっくりと木造の橋を渡ります。
ギシギシいっちゃっていまにも崩れそう。
シャッターチャンスですから、みんな窓から顔を出して写真撮りまくり。

この列車は本当にオススメです☆
ジャングルチックなところをズンズン走るのですが、
景色もいいしホントこの列車はサイコー
カンチャナブリーに行ったら絶対に乗りましょう!!

約1時間の列車の旅を楽しんだ後は昼食です。
ミニバスで移動します。川のほとりに浮かぶイカダのレストランでした。

▲こんなとこです ▲あっさりしたタイ料理!

食事はタイ料理なんですが、お腹が減っていたこともあってかめちゃくちゃおいしい!
しかもとってもヘルシー!見た目はいまいちですが、本当にイケます。

ここで日帰りの人たちとお別れ。別口の泊まりの人たちと合流して、
今度は第2次世界大戦ミュージアムへ。
丘の上にあるこじんまりとした美術館でした。中の展示品を見た後、戦時中の跡地を散歩します。


▲眺めがすばらしい
▲線路跡地 人が掘ったとか・・・

ここからの眺めはものすごくきれい!広大平野がひろがって本当に癒されました。

そのあとサイヨーク国立公園の滝へ。

▲水遊びです ▲移動は軽トラ・・・(汗

ここの岩はツルツルしてないらしいんです。なんで子供たちの格好の遊び場らしいです。

現在、時間は18:00近く。夕食ということで先ほどのイカダレストランに戻ります。

▲当然タイスタイル

夕飯ではビールを飲んでしまいました。しかしみなさんとってもフレンドリー!
夏休みでタイに旅行に来ているドイツ人のジュリアとアンジェラ(共に♀24才)はホントチャーミング。

「アイム スピーキング インクリッシュ ベーリー リトル・・・」

とか話掛けますと、ゆっくり分かりやすく話してくれました!!
何とかコミュニケーションは取る事はできましたが、どうしても分からない単語が
出てきてしまいます。

そんなときに大変役に立ったのが電子辞書。
今回は初めての一人旅ということで、かなり不安だったので、
旅行に行く前に小さなものを購入したのです。

しかしコレがかなり使えたんです。分からない単語のときは
電子辞書を相手に渡してスペルを入力してもらいます。
その翻訳を見て・・・

「オーオー!オーケーオーケー!アイ アンダースタンド!」

とかってことが何度かありました。コレをきっかけにして笑いも取れて
かなり有効なコミュニケーションツールでありました。
英語に自信の無い方は電子辞書、ちょーオススメです。

脱線しましたが・・・続き行きます、ハイ。

お腹も満たされましたので、寝場所に移動します。
どうやら船で移動するようです。

▲お船で移動

いったいどんなところに今日は泊まるんだろう・・。
不安は募るばかりだったのですが、着いた場所は・・・・



川の上でした。


不安的中。
いやぁ、驚きましたね。
こんなところに寝るのかと。
日本人ツアーだったらまず来れなかった場所でしょう。

ツアーガイドにあとで聞いたのですが、
日本人なんてほとんどこないとのことでした。
まぁ、そうでしょうねぇ。日本人の女の子だったら多分耐えられなさそう・・・。

ここでまず驚いたのは水。
飲み水は当然運んできます。ペットボトルのミネラルウォーターを。
しかし、手洗いやシャワーはすべてこの川の水を使用するんです。
もう一度書きますよ。この川の水を使用するんです。

ハイ?ってボクは聞き直したね。
ツアーガイド曰く、

「フィルター付けてるから問題ないよ」

それ現地人の話でしょ?ボクね、日本人なの。
まぁウダウダ言っても仕方ありません。郷に入れば郷に従えってことですな。

とりあえず、部屋へ移動。

▲マットが敷いてあります ▲いくつも部屋があります

ボクは2階に案内されました。4畳ぐらいでしょうか。寝るだけの小さな小部屋です。
荷物だけ置いて一服しました。フ〜、疲れた・・・。

上の上の写真のところがリビングみたいなところなんです。
そこにはハンモックがありました。

▲ハンモックサイコー! ▲楽しすぎ

みんなが降りてくるまでハンモックで休憩。
このハンモックは気に入りました!面白い!

30分ぐらい待ったでしょうか。
ぞろぞろとみんなが集まりだしまして、ビールで乾杯。
本当にいろんな国の人たちと交流することができました。つーか楽しすぎ。

写真一番奥の青い方がツアーガイド。
どこからともなくギターを持ち出しまして、歌を披露してくれました。
これがまたウマイ。みんなで合唱なんかしちゃったりして。

♪Welcome to the Hotel カンチャナブリ〜
Such a lovely place ・・
Such a lovely place ・・

  〜イーグルス ホテルカルフォルニア替え歌〜

いままでには味わったことの無い経験が出来ました。
いやー、一人旅サイコーです。

ガイドと話をしていますと、どうやらここでタイ式マッサージを
しているとのことなので、シャワーを浴びたあと(23時ぐらい)にお願いしました。
(30時間 200B=600円)

ここに住んでいるおばさんにあの4畳の部屋でやってもらいました。
イタ気持ちいいって感じでした。ちょっと疲れも取れたかな・・・。

チラホラとみんな部屋に帰って行きましたが、
0時近くになってもあのドイツ人2人を含めた6人ぐらいでまだ飲んでいました。
ボクもマッサージのあとちょっとだけ飲み直しました。

ジュリアたち2人はボクを気に入ってくれたらしく、いろんな話をしてくれました。
・2人ルームメイトなの
・私たちはまだ学生
・休みは2ヶ月あるのよ
・いろんな国を旅するの
・タイは観光地としてドイツ人にも人気よ
・あなたたち日本人は1週間しか休みが無いの?
・かわいそうね
・よかったらドイツ来なさいよ!
・私たちで案内するわ
・来年?もちろんいいわよ!

ということで、来年の旅行はドイツに決定しました。(即決)
日本人は1週間しか休み取れませんが、
とにかくがんばろうと思います。

1時近くになってボクはダウンして寝ました。
彼女らはまだまだ飲むようです・・・さすがドイツ人。

明日は象乗りが待っています!!

戻ります  続きはこちら・・・
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc