国内・海外土産通販サイトのギフトランド
 TOPタヒチ・ボラボラ島旅行記帰国(ボラボラ島⇒タヒチ島⇒成田⇒名古屋)
タヒチメニュー

BP-001-336x280-Main-Top


■2006/9/7(水)
タヒチ島パペーテ散策&帰国



   
▲夕日がきれいです ▲ものすごいでかい船とか到着してました


ベンチに座って待っていますと、なにやら改造車のようなミニバスが続々とやってきました。(17:30ごろ)
それではここからはたまたま座ったベンチより、定点カメラにてお送りしたいと思います。

それではどうぞ。


   はじめは何にもなかったんですが・・・   
   17:30過ぎごろから改造車が登場。   
   あれよあれよと準備が進みます。 
   そして目の前に怪しい中国人登場。(おそらく裸族) 
   なんか火をおこし出しました。
 (バーナーで炭にゴーゴー火をつけてた)  
   そして火が落ち着いてきて頃合なようです。 












そして何が焼かれるのかと思いきや・・











    まさかの子牛の丸焼き。





信じられない。
まさか目の前で子牛が焼かれるなんて。

いやー、驚いた。
この旅一番で驚いたかもしれません。
たまたま座ったベンチで待っていたら目の前で子牛が焼かれるなんて誰が想像できたでしょうか。






   
▲そしてサラダ油を塗りたくります ▲万遍なく塗りたくります
   
▲そのうちに囲いが作られました ▲さらにサラダ油を塗ります(仕事は早い中国人)


せっかくですので、焼けたころに食べに来たいと思います。

18:00過ぎ、他のお店もオープンしだしたようなので、ちょっとぐるっと回ってみることにしました。


   
▲人もたくさん集まってきました ▲ほほー
   
▲この蛍光灯の看板とかいい味出してます ▲あちこちからいい匂いが・・
   
▲中華料理は人気があるようです ▲ピザ屋なんかもありました


いろいろと迷ったんですが、やっぱり中華が食べたい!
ということで中華料理店で注文です。


   
▲手際よく料理します ▲えび塩です!


とりあえず、えび塩を注文。
一口食べてみますと・・・うまい!・・・けどちょっとしょっぱ過ぎ・・・か・・・な。
ま、おいしいんですけどね。
もうちょっと塩控えめでもよかった気がします。
(値段を忘れてしまいましたが、確か800フランぐらいでした。ちなみにパンはサービス品)

あと、ここではアルコール類は持ち込みも買うこともできません。
いやー、ビール飲みたかったけど・・・仕方ないですね。

そして例のアレ。
そう、子牛がそろそろ焼けて来たようです。


   
▲うぉ〜!焼けてる〜♪


ということで、早速注文。


   
▲ざくざく切ります(裸族じゃなかった) ▲手際よく切っていきます
   
▲切りまくります ▲そしていっただっきまーす!


真ん中の黒いタレにつけていただきます。
このタレはかなり甘めな味付けでした。

味の方は・・・うーん、まずまずってところでしょうか。
うん、良い思い出になります。


   
▲お店は結構賑わってました


そしてお次は・・・ちょっとごはんものが食べたいかな〜ということでチャーハンを食べることに。


   
▲こちらのお店です ▲いっただっきまーす!


いやー、チャーハン大盛りです!!!
そしてやっぱりチャーハンはおいしい!!
ガツガツ食べまくりました。

ただ・・・ちょっと半端無い量で食べ切れませんでしたので、おみやげにして持って帰りました。
(おばさんにテイクアウトしたいと言うと、パックにつめてくれた)


いやー、たのしめましたよ、ル・ロット。
独特な雰囲気の屋台でした〜満足です。

そうこうしているうちにもう20:00。そろそろ帰らなくては・・・
地図を見ながらバス停まで歩きまして、道端で待っていますと、年配のご夫婦が話しかけてきます。


御主人 『バスを待っているのかい?』

島 『えぇ、バス待ってます』

御主人 『バスはねぇ、もうこの時間じゃ来ないよ』






まさかのバス来ない発言。





島 『えーー!バス来ないんですかぁ!!!』

島妻 『どうしようねぇ・・・』

御主人 『どうだい、もしよかったらホテルまで送るよ?』


出ました、この人のよさそうな発言。
海外旅行で気をつけないといけないのは、人が困っているときに漬け込んで話しかけてくる人たちです。

やはりどうしても思い出してしまうのはタイでのイタイ経験・・・。
脳内を過去の失敗経験が駆け巡ります。

冷静に考えるんだ島。

まず、このご夫婦、結構お年を召されている。
そして、車の後ろ座席には子どもが乗っている。
さらにこのタヒチ、犯罪はほとんど皆無という。

状況から考えてこの人たちが悪人には見えない・・・。


島 『えーと・・・いくらですか???』


最低限これだけは聞いておいたほうがいいでしょう。
あとからすさまじいお金を要求されるかもしれませんから・・・


御主人 『あぁそんなのいらないよ、送ってあげるから車に乗りな!』


まぁ・・・いっかぁ!なんとかなるでしょ!
ということで車に乗り込みました。(ちょっと怖かったけど)


御主人 『で、どこのホテルなんだい?』

島 『えぇ、インターコンチネンタル・タヒチです。』

御主人 『・・・??インターコンチネンタル??ま、いいや、とりあえず行ってみよう。』


えー!わかんないのー!大丈夫なのかーー!!
何度言ってもホテルがわからないみたいなんですよ・・・。
そんな・・はずないと思うんだけど・・・。
もう車に乗ってしまったからどうしようもありません。
とりあえず、運を天に任せました。

ご主人は高速に乗って(タヒチの高速は無料)車を飛ばします。

15分ぐらい乗ったでしょうか。


御主人 『このホテルかい??』

島 『いや・・・ちがうんです・・・』

御主人 『じゃぁ、ビーチコンバーのことかな?』


ビーチコンバー・・・なんか聞いたことあるぞ、その名前。
そして車に乗ること数分・・・あ!見えてきた!ホテル見えてきた!!


御主人 『ここかい??』

島 『そうです、そうです!!このホテルです!!』

御主人 『このホテルはビーチコンバーって言うんだよ。』

島夫婦 『本当にありがとうございました〜!!』


ボクらを下ろすとその車は去っていきました・・・。


いやー、いい人。
ホントにいい人だった、このご夫婦。
疑ったりしてごめんなさい。
やっぱり人間悪い人だけじゃないんですね・・・。

ただ、ホテルの名前ですよ。
ホテルのパンフレットなどにはどこにもビーチコンバーとは書いてないんですよね。
オフィシャルページとかみてもホテル名はインターコンチネンタル・リゾート・タヒチとなっています。
名前が変わったんでしょうか・・・。
でも、現地の方はビーチカンバーと言ったほうが分かると思います。

あと、最悪バスでなくてタクシーでも帰ってこれるようです。
みなさん、時間や移動手段はよく調べた上で余裕を持って行動しましょう。


ということでなんとか無事ホテルに帰ってきました。


   
▲ぜんぜん使ってないー!もったいない!


10:00フロント集合なのでそんなに時間もありません。
とりあえずシャワーを浴びてあわただしく帰りの準備をします。
それから、チェックアウトをしないと!
いそいそとフロントまで行き、電話代を支払いチェックアウトをしておきました。

21:30ごろポーターが荷物を取りに来ました。
そして21:45、フロントへ向かいました。

フロントにはもうたくさんの日本人がバスを待っている状態。
やべー、ちょっと出遅れたか・・
ホテルのキーだけ返そうとフロントに並びました。

前のお客さんが代金支払いでもたついているその時・・・


ガイド 『それではバスに乗り込みますので集合してください!』


とか聞こえるじゃないですか。
やべー!早くしてよー!カギ返すだけなのにー!
そしてようやく順番が回ってきてカギを返しました。
それとほぼ同時に・・


ガイド 『それではお名前をおよびしますので、呼ばれた方は荷物を持ってバスに乗り込んでください、
      ・・・えーと、島さん!』


ひーー!いきなり呼ばれたー!!!
間一髪ですよ。
間一髪で間に合いました・・・。

みなさん、カギの返却はすばやくしましょう。
・・・というか、別にチェックアウトしてるので、カードキー返さずそのまま出ても良いかもですが・・・。


かなり大型の観光バスに団体で乗り込みまして空港に向かいます。
ほとんどが日本人でした。


   
▲そして空港に到着


ガイド 『えー、空港に着きましたら荷物をもってチェックインカウンターへお並びください。
     この時間ですと、まだカウンターは開いておりません。しばらくお待ちください。』


ボクらはホテルでトップで呼ばれたので、バスの前の方に乗り込むことができたため、
到着後すぐに降りることができ、カウンターの先頭付近に並ぶことができました。

しばらく待っていますとカウンターが開きました。

ここからが長い・・・。
本当に長い。
どれだけ待たせるの、ってほど長い。

ボクらはまだ前のほうだからよかったですが、後ろの方だったらと思うとちょっとぞっとします。
まぁ運でしょうが、できる限り早くカウンターには並んだほうがいいでしょうか。

しかしこんなときに痛感しますね、ビジネス、ファーストクラスの有利さを。
ボクらの長蛇の列を横目にスイスイっと抜けてチェックインですよ。
あー、いーなー、いつかマイルを貯めてビジネスクラス乗ってやる!
そう自分に言い聞かすのでした。


   
▲そして空港内でショッピング ▲いろいろと見て回りました
   
▲空港内はこんな感じ ▲これに乗って帰ります


空港では実家へのおみやげにヒナノビールの缶を両家に6本ずつ、計12本買い込みました。
(かなり重かったけど・・・)

あと、ガイドさんがイミグレーション前まで付き添ってくれるので安心でした。
まだ時間はありましたが、ガイドさんに挨拶して中で待つことに。

搭乗口前で待っていますと、15aぐらいあるカニが目の前を横切ります。
ヒー!なにこれ!カニが空港を歩いてる!

結局、係員の方がなんとか捕まえてましたが・・・
いやー、恐るべしタヒチ。
自然が満載です。


   
▲1:00過ぎ飛行機に搭乗 ▲かなり満員状態
   
▲キレイです・・ ▲ゲームやってました


ということで11時間のフライト。
飛行機内はほぼ満席でした。
いやー、しかし長時間のフライトは疲れますね・・・

そして無事成田に到着。
帰りのチケットは購入していなかったので、みどりの窓口にてチケット購入。(成田エクスプレスと新幹線チケット)


   
▲成田エクスプレスで・・ ▲東京に戻ります


東京からは新幹線で名古屋に戻り、在来線で自宅まで戻りました。

ということでボクらの新婚旅行は無事終了しました。
お疲れ様でした!

しかしやっぱりタヒチは期待を裏切ることなくすばらしいところでした。
お金と時間があれば何度でも行きたいとは思いますよ、ホントに。

ということで・・・



タヒチサイコーでした。



みなさん、ご清聴ありがとうございました。







それから・・・最後まで読んでいただいた方のためにおみやげを・・




   
タヒチチョコレートどうぞ。



ちなみに、このチョコレートは結婚式場でもらったおみやげギフトで注文したものです。ごめんなさい。

いやね、ボクだって本当であれば現地で購入したいですよ。
けど、あまりに膨大なおみやげ量ですので持って帰るのもシンドイですし。
ということで結婚式場で薦められたパンフレットで決めました。
やっぱり便利ですしね・・・。
おそらくほとんどの方はこのように事前におみやげを頼んでおくのだと思います。

おみやげ宅配サービス 海外旅行に行く前に日本でおみやげを買える!
国内・海外土産通販サイトのギフトランド

国内・海外土産通販サイトのギフトランド


ボクはチョコとポストカードが入ったチョコ、そしてチョコチップクッキーをたくさん購入しました。
味はどれもこれもなかなかおいしかったですよ!

ちなみに・・・現地のガイドさんが言ってたことですが、現地タヒチのチョコってそんなにおいしくないらしいです・・・
ホントかどうかわかりませんが・・・。

ただですね・・・・・・はっきり言ってタヒチのおみやげカタログって種類が少ない!!
旅行に行く前とかにいろいろとネットで探してみたりしました。
が・・・なかなか無いんです。
大概どこの旅行会社でもパンフレットで置いてあるおみやげって上に載せたのぐらいじゃないでしょうか。

ところがですね、旅行に行きますと、現地ガイドさんや旅行会社さんなどたくさんのおみやげカタログをもらいます。
そこにはネットで調べるよりはかなり多種に渡る商品が紹介されています。

帰ってきた時点で確実におみやげが欲しい!という方以外は旅行中の飛行機でとか、
もしくは帰ってきてから注文、というのもありかもしれません。
(とはいっても旅行中は落ち着いておみやげなんて選んでられないと思いますケド・・・)

ということで、いままで見てきた中でもっとも種類の多かったタヒチおみやげカタログを参考で載せておきます。
(クリックで拡大します)


   
   


変り種としてはボクはハニートーストココナッツチップ(左上の写真の右から2番目)なんかよさそうな気がしますね。
旅行で食べたココナッツの実の白い部分はとってもおいしかったですから。

SANYODOさんでネットからも購入できるようですが、上のパンフレットに載っている全ての品物が
購入できるわけではないみたいですね。
直接お店に問い合わせたほうがいいかもしれません。

戻ります  バックパッカー大作戦TOPへ

BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 

dc