国内・海外土産通販サイトのギフトランド
 TOPタヒチ・ボラボラ島旅行記4WDジープサファリ(半日サファリツアー後編)
タヒチメニュー

BP-001-336x280-Main-Top


■2006/9/4(月)
4WDジープサファリ(半日サファリツアー後編)


そして3つ目のビューポイントに到着したわけですが、
そこもまた・・・












天国でした。








ここからの眺めが一番きれいだったかもしれません。
本当にキレイ。
鮮やかな海のグラデーションが見えて、太陽を反射した海がまぶしい!!

そしてここからは・・・











オテマヌ山も見えます。








ボラボラを代表する山、オテマヌ。
ボラボラ島の中心に位置するこのオテマヌ山は、大体どこにいても見えるのですが、
ここからの眺めは格別でした。

あと関係ありませんが、このオテマヌ山、
いろんなホームページを見ますと、良く間違えてらっしゃるようです。



オテマヌ山 と オテヌマ山。



どちらで検索してもかなりの数がヒットするのですが、

正解はオテマヌ山です。

みなさん、覚えておきましょう。



あとガイドさんに記念に写真を撮ってもらいました。


   
▲ハイチーズ(ぱちり) ▲この写真はお気に入り


それと、ここからはボラボラ島で一番人気を誇るホテル・ボラボラが見えました。


   
▲これがホテル・ボラボラかぁ・・・


ボラボラ島で一番初めに建てられた老舗ホテルとのことで、もっとも美しいマティラ峡に位置しています。
そりゃぁこんな絶景ポイントに建てられたホテルですもの人気なのもうなずけます。
(景色だけでなく、サービスもすばらしいそうです)

いやー、一度泊まってみたいものですねー。


あと、最後帰りに黒真珠ショップに寄って、真珠の作り方などを教えてくれました。


   
▲ショップの名前は・・ ▲bora pearl company (bpc)
   
▲フムフムナニナニ? ▲ホホーー
   
▲へーー
▲なるほどなるほど〜
 
▲で、これがこうで・・
 
▲こうですかー


って何がなんだかわかりませんか。すみません。
要はですね、タヒチって黒真珠が有名なわけです。

真珠の作り方は貝の中に核を入れまして、あと、核を入れる貝殻の真珠層も一緒に入れるそうです。
(そうじゃないと、異物だと思って吐き出してしまうらしい)
で、海に沈めると、その核を中心に真珠貝が核に真珠層を作り上げます。
そして何年か経ったあとに取り出すと、真珠ができているってわけ。

通常の真珠の場合、一個の貝殻に対して10個ぐらい核を入れるそうですが、
黒真珠の場合は多くて3つとか。

この真珠の作り方は日本のミキモトの社長が編み出したらしく、その技術を生かして
黒真珠を作っているそうです。
いやー、日本人ってホント賢いですね。

一通り真珠作りの工程を見学したあと、
今度は加工の工程も見せてもらいました。

この加工場はガラスで仕切られてまして、外からだったら写真に撮ってもいいけど、中ではダメとか。


   
▲ここに穴開けていいかね? ▲違うでしょお前さん、こっちだよ


ってなことを話しているのでしょうか。100%違う

最後にショップ内で、いろいろとセールス的に売込みが始まりました。
このショップではタヒチで唯一黒真珠に彫り物ができる技術者がおり、亀さんをあしらった真珠などを紹介してくれました。

どうですかご自分のおみやげにひとつ、とか言われましたが20000フランとかしてましたので、
ちょっと手が出ず、『考えておきます』と返事をしてこのショップをあとにしました。

でもなー、欲しいなー、黒真珠。

とりあえず、ぐっと我慢しまして17:00過ぎにホテルへ帰ってきました。


   
▲日も暮れてきます


今日の夕飯は、昨日予約した、インターコンチネンタル・タラソ・スパでの食事です。
18:30発の定期ボート(無料)に乗ってタラソ・スパへ向かいます。
5組ぐらい同じように乗ってました。

同じボートに乗ってた方たちは、結構おめかししちゃってたんですけど、
ボクらはお構いなしでジーパン姿・・・。(というかそんなお洒落な服もってきてなかった)

ま、仕方ありません。


ボートに乗って15分程度でタラソ・スパに到着。
桟橋からレストランまでは結構歩くのですが、(ホテルがデカイので)
建物すべてがゴージャスなんですよ。


   
▲ル・モアナ・リゾートより・・・ ▲あきらかにゴージャス


今年オープンしたばかりのホテルということは聞いていましたが、かなり立派ですよ、このホテル。
まじでビックリです。

そして、予約してある旨を言い、テーブルに案内されました。


   
▲いや〜 ▲高級感満載


とりあえずビュッフェということですので、食事を取りに行きます。


   
▲こんな感じ(奥では肉などを焼いてくれます)
   
▲1回目と・・・ ▲2回目


いやー、うめーー!!
ビュッフェうめーー!!
特にえび最高にうめーーー!!!

新鮮だからおいしいと思うんですけど、本当にうまい!えびが。
ミソまでちゅーちゅー吸ってました。
うちの奥さんなんて4回ぐらいおかわりしてましたし。

もうね、大満足です、タラソ・スパ。
こんなにおいしかったら、毎晩でもよかったかもしれません。
(といっても、曜日によってビュッフェの時とアラカルト<注文スタイル>のときがあります)

そしてデザートもいただきます。


   
▲いっただっきまーす!


そうこうしているうちに、タヒチアンダンスショーが始まりました。


   
▲うーーん
 
▲美しい〜
 
▲ホホ〜
   
▲みなさん着替えまして・・・ ▲踊ってました
   
▲そして最後は・・・ ▲記念撮影


ただ、ちょっとボクらの座ってた位置からは舞台が見えづらかったのが残念・・・。
ですが、十分に楽しめました。
男性のショーもあったのですが、ファイヤーショーはなくちょっと迫力には欠けたかな。

結局21:00ごろショーは終わりました。

ル・モアナへのボード出発時間は21:30なので、
それまでタラソ・スパの中を見学。


   
▲広いし ▲でかい
   
▲雰囲気も ▲抜群
   
▲うーーん ▲いーわー
   
▲外だって ▲お洒落だわー
 
▲美しい!
 
▲トイレ入り口だってこんなんですよ


時間があれば、お昼にも来てみたかったですが、時間の関係でそれは無理でした。
ロケーション的にもオテマヌ山が目の前に見えてとっても素敵なところかと思います。
ただ、もしかしたら魚たちは少ないのかもしれませんけど。


   
▲そして桟橋からボートに乗って帰りました


10:00ごろホテルに戻りひと段落。
でも、やっぱり気になってテーブルを覗いてしまいます。


   
▲テーブルをずらして見てみますと・・・ ▲魚たちイターー!


何度見ても魚たちは飽きませんね〜


あと、夜の部屋も結構雰囲気あっていいんですよ。


   
▲こんなソファー欲しいわぁー
   


いやー、今日は盛りだくさんな日でした!

明日はサメとエイの餌やりです!

続きはこちら・・・  戻ります

BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 

dc