TOPプーケット旅行記バンガー湾現地ツアー(後半)
プーケットメニュー
BP-001-336x280-Main-Top



■2006/5/2(水)
バンガー湾現地ツアー(後半)


ボートに乗ってしばらくしますとジェームスボンド岩が見られる島に到着。


   
▲下り立つとこんな感じ


ガイド 『45分後にはここに戻ってきてください』

とのことなので、島内を回ってみることに。
しかしどこにあるんだ?ジェームスボンド岩。


 
▲とりあえずみんなの歩く方向へ・・・
 
▲岩山を登ります


そして、岩山を登りきりますと見えてきました!




   
ジェームスボンド岩。




ほほーー!なるほどなるほどー!
なかなかキレイじゃないですかぁー!




▲岩を登ったところから



想像していたのは、この岩だけがぽつーんとたたずんで、船からみるものだとばかり思っていましたがそうではなく、
島のある一角にそびえているのですよ。

これは見ごたえがあります。



 
▲岩山から右を見渡しますとお店が見えます
   
▲そして下ります
   
▲いろいろ売ってました ▲どっさり


ただ、お店で商品を見ようものなら、

『ちょっとちょっとこれいいから、安いよ!見るだけでいいから!』

的な感じで腕とかつかまれます・・・。
いやー、必死ですよ、まじで。
ただねー、相場がわからなかったし、小物とかは買ってもねー、って感じだったので購入せず。
旅行者はこういったところでお金を落とさないと、、とか思うんですがね。





▲浜辺からジェームスボンド岩はこんな風に見えます




この島はそんなに広くないようで、これだけでした。

そろそろ時間なので、船の場所に戻ります。

またまたスピードボートに乗りまして、お次は海水浴。
しばらくボートで走り、波の無い島に到着しました。


ガイド 『はい、ここでスイミングです。20分ほどしたら戻ってきてねー』


みなさん用意周到で下に水着を着てました。
ボクも着てたんですけど、、、


   
▲うーーん・・・ ▲いまいちキレイじゃない・・・


なんとなく海で泳ぐ気にはなれず、浜辺で座ってました・・・。
おそらくスペイン系の女性2人組みがいたのですけど、
目の覚めるような水着とか着てまして、スイスイ泳いでました。人の目とか気にしないで・・・。

いやー、スゴイ。

日本人と違って、自分たちが楽しめればサイコーみたいなオーラでまくり。
どうしても日本人とかって羞恥心とか前面に出てしまいますが、そんなことなく楽しまれてました・・・。

海水浴が終わったあとは、これまたメインイベントのゾウ乗りです!
船に乗り、バスに乗り換えるため移動します。


   
▲船を降りまして・・・ ▲バスに乗り込みます


しばらくバスで走り、着いたところはエレファントキャンプ場。


   
▲こんなとこでした


まずは水牛に乗れとのこと。


   
▲荷車に! ▲乗っちゃいます!
   
▲なんとなく気分は・・・ ▲ドナドナって感じ
   
▲そしてドアップ ▲気は進まなかったけど乗っちゃった


とりあえずですね、象に乗れる人数が限られるので、その待ち時間の間、
こうして水牛さんにも乗せてくれるのですよ。

ただ、15分ぐらいゆーーーくりと、荷台にのってあたりを一周してくるだけですので、
どうってことはないんですが、それなりに楽しめます。

そして!待ちに待ったゾウさんです!!
以前のタイ旅行でも乗ったことはあるのですが、ゾウさんに乗るのは本当にたのしい!
水牛と違って高さがありますから、見晴らしがいいんですよ。


   
▲こんな高台から・・・ ▲二人ずつ乗り込みます


ボクは同じ一人旅でこられたオーストラリア人の方と乗りました。


   
▲ゾウ使いさん ▲やっぱ耳でか!
   
▲振り返ってパチリ ▲日傘なんかもさしてました
   
▲水溜りだってへっちゃらです ▲後ろのゾウさんは道草中


広場みたいなところにみんな集まって、
カメラを受け渡して写真を撮ってもらいました。


   
▲またまたドアップ ▲ぱおーーん


そして来た道を戻ります。


   
▲ジャブジャブ ▲のっしのっし
   
▲戻ってきまして・・・ ▲終〜了


どうでしょう、30分ぐらいでしょうか。
ホントあっという間だったんですが、やっぱりゾウ乗りは何度乗っても楽しいです!!
まじでオススメです。ゾウ乗り。
タイに来られたら、絶対にゾウさんに乗りましょう!!!

そしてお次はゾウのショーです。

ガイドさんが英語でゾウについていろいろと説明してくれましたが、
いまいち聞き取れず、わかったことだけ書いておきます。

・アジアゾウはアフリカゾウより小さい。
・歯は一生のうち6回生え変わる。
・ゾウの妊娠は20ヶ月の約2年とか。
・キャンプにいるゾウはほとんどがメス。
・メスのほうが手なづけ易いらしい。
・今回ショーをするゾウは男の子。
・ほら、牙が生えてるでしょ
・このキャンプでは唯一の男のゾウさんなんだ!
・彼はラッキーボーイなんだ!

なんてことを話してたと思います・・・たぶん。

ということで、ラッキーボーイのゾウさんのショーのはじまりはじまりー。


   
▲ドーモー ▲ボクゾウさんですー
   
▲よいしょっと・・・ ▲ぱおーーん
   
▲今度はこっちに乗って・・・ ▲ぱおーーん
   
▲あー、疲れた ▲バナナのご褒美ちょうだい〜


ほんとあっという間(15分ぐらい)のショーでしたが、楽しめました!
ショーが終わってからは、みんなからご褒美のバナナをもらってました。
こども大喜びです。

しかしですねー、よくゾウの鳴き声って『ぱおーん』とか書きますが、
あれはたぶんアフリカゾウの鳴き声なんでしょうねー。
実際にこちらでゾウが鳴く声を聞いたんですけど、

『キュッキュッ キュッキュッ』

って鳴くんですよ。へーー、とか思っちゃった。


そして最後のイベント、ゴムの木の説明です。

ゴムの木に傷をつけておくと、タラタラと樹液が垂れてきますので、
それをカンカンのようなもので受け取るのだそうです。


   
▲それを練って広げていきます
▲傷をつけると垂れてきます
   
▲だんだん薄く延ばします ▲それを干してゴムの出来上がり


これをいろんなもの(靴の下のゴムとか車用のゴムとか)に使用するそうです。
へーー。

これで今日のツアーの内容は終了。
とっても楽しめました!大満足です!

その後、バスに乗って、帰りにかなり大きめなお土産屋さん、
(お土産屋っていうより、宝石、お土産センターみたいな感じ)に寄った後、ホテルまで送ってもらえました。
(18:00ごろ)

とりあえず、ホテルに荷物を置いて、ネットカフェでメールチェック。
そして夕飯に出かけます。

表どおりのお店は高そうなので、裏の方にあるお店に入りました。


   
▲こんなところ ▲うまい!


チャーハンと野菜炒めを頼んだのですが、やっぱりおいしい!
ビールもつけて全部で400B(=1200円)でした。

その後は街をぶらぶら。
お土産探しに出かけました。


   
▲エイリアン!?
▲ボルトマンっぽい
 
▲ゾウさんが・・・
 
▲いっぱい・・・
   
▲街をさまよいます ▲屋台っぽいのがあったー安そう
   
▲くだものなんかもありました ▲絵も!
   
▲これはかわいい ▲お店がずらーり


結局、このガラス細工のゾウを2体(290B=870円)と小銭入れ(18B=84円)を買いました。


そして驚いたのがこちら。


   
そう、オカマさんです。


道端に大勢いるんですよ、オカマさんたちが。
道のすぐ脇にお立ち台的なものがありまして、入れ替わり立ち代りオカマさんたちが踊ってました。
いやー、カルチャーショックですねー。
(オカマさんたちと写真を撮るにはチップが入るようです)

ぐるーーと回った後ホテルに帰って寝ました。
本日はとても充実した一日でした。


戻ります  続きはこちら・・・


BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc