TOPプーケット旅行記バンガー湾現地ツアー
プーケットメニュー
BP-001-336x280-Main-Top



■2006/5/2(水)
バンガー湾現地ツアー(前半)


朝6:30起床。目覚まし時計とモーニングコールを一応念のため頼んでおいたのですが、
それ前に起きてしまいました・・・。

そして朝食。ビュッフェでいただきました。


   
▲オムレツ作ってくれます ▲うーんおいしい


部屋に帰ってツアーの準備。
リュックに荷物を詰め込むんですけど、バスの中は寒いかなぁ、とかバスタオル必要かなぁ、とか
いろいろ考えて結構な大荷物に。(結局ほとんど使わないことになるんだけど・・)

待ち合わせの8:00。
ロビーで待っていますと、運転手さんが迎えに来てくれました。
ただ、ほかの皆さんも待ってるもんだから、運転手さんも探すのに大変。
ひとりひとりに聞いて回ってくるから、そのたびにこっちもなんだか落ち着かないんですよね・・・。

『ヤマモト?ノーノー、アイム、シマ』 みたいな。

しばらく待っていますと、無事迎えに来てくれました。ホッ。


   
▲ひとりだから助手席に・・・


いくつかホテルを回ってほかのお客さんをピックアップ。

このままこのワゴンで行くのかなーと思ってましたら、大きな観光バスに乗り換えでした。


   
▲フツーの観光バスです ▲一応水着できました


ガイドはジョンさんという若い感じの男性ガイド。
なかなか感じのよさそうな方でした。

このツアーは日本で予約しておいたのですが、支払いはこのガイドさんに渡します。
料金は1日で1400B=4200円でした。

パンガー湾まではバスで約1時間ぐらい。
到着するまではいろいろと話してくれました。(今日のスケジュールやタイのことなど)
ですが、半分ぐらい理解できなかったかも・・・。ま、いっか。

10:00ごろパンガー湾に到着。


   
▲こんなとこでした
   
▲ほほー ▲なるほどなるほどー


とりあえずトイレに行きたくて、速攻トイレに。有料でした。(5B=15円)
ただ、ここのトイレは紙はなく、桶に水がくんでありました。
用を足したあとは桶の水で流します。

そして、ガイドのジョンさんはみんなに

『スピードボートはどうする?』

と聞いて回ります。え?スピードボート?
いくらか聞いたら500B=1500円と言われました。
ま、いっかと支払ってしまいます。

しかし、500Bかかるなんて聞いてなかったなぁ。つーか、語学力がなくて聞けてなかったのかな?
なんてブツブツ思いながら(←人間が小さい)船に乗り込みます。

あとで気づいたのですが、500B払わなければスおそらくスピードボートではない長細いボートの方で
ツアーに出かけられたんだと思います。
うーーん、英語力がないから仕方がないなー。うーーん、英語勉強しなくては。


   
▲こんなスピードボートです ▲中はこんな感じ
   
▲はやーい!!


さすが、スピードボート。はやいはやい。帽子が飛んでいきそうです!
で、ボートに数十分乗りますと、水辺に浮かぶ船着場に到着。


   
▲こんなとこでした ▲内側からパチリ
   
▲中はこんな感じ


まずはここからシーカヌーです。(3人乗り)
ちゃんと救命胴着もきました。
漕いでくれる方の前に乗り込みます。


   
▲先頭です ▲そしてズンズンと進みます


意外とスイスイと進みまして、岩が波で侵食されたところを見学。


   
▲しかし暑い!! ▲岩場が近づいてきます
 
▲洞窟もありました
 
▲中はずいぶん高い!そして静か!
   
▲頭打ちそうです ▲自然の力ってスゴイです
   
▲マングローブです ▲登ってるし
         
▲こんな格好とかさせられて撮られました
   
▲彼が漕いでくれました


ぐるーーーと回ったあと、船着場へ。(チップ40B)

そこからまたスピードボートに乗り込み出発しました。
昼食場所の水上レストランへ移動です。

ただ、途中で寄り道。


   
▲かの有名な!?犬に見える島 ▲そして200年前に描かれた魚の壁画


そしてレストラン到着。


   
▲到着!水上レストラン ▲結構でかいです


昼食はツアー代金についてました。


   
▲こんなレストラン ▲いーですねー
   
▲いただきまーす! ▲おいしかったです


結構いろいろと料理が出てきまして、タイ料理を味わいました。
辛くて食べられない!といったものも無くおいしかったです。

そして、メインイベントその1のジェームスボンド岩へ向けて出発です!


   
▲わくわく


ちょっと写真が多いので、後半は次のページで・・・


戻ります  続きはこちら・・・


BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc