TOPプーケット旅行記出国(名古屋 → プーケット)
プーケットメニュー
BP-001-336x280-Main-Top



今年もやってきましたゴールデンウィーク。
年明けぐらいからどこに行こうか悩み始めて、結局決まった行き先はプーケット。
いつもはエアチケットだけ取ってホテルは現地手配とかしてましたが、
今回はツアー会社(A&Aツアー)のツアー旅行です。

そして旅の目的はゆっくり、まったりすること!
さて、その目的は果たせたのか!?

ホントは先輩と男2人で行く予定でしたが、都合が合わず一人旅です。

それではさっそくどうぞ。



■2006/4/30(日)
出国(名古屋 → プーケット)


朝5:30起床。準備をしまして6:30に家を出ます。
そして電車に乗って中部国際空港セントレアへ。
8:00過ぎに空港に着きました。

まずはチケットの確保。ツアー会社のカウンターに向かいます。
そこでE-チケットを受け取り、そのままチェックインカウンターへ。

いつもは荷物のバックパックを機内持ち込みしますが、(着いたときにそのまま出たいため)
今回はなんとなく預けてみました。
それから、忘れずにマイレージカードを提出。

問題なくチェックインしたあとは両替です。
とりあえず、20,000円をタイバーツにします。(約5,600B。今後はわかりやすくするため1B=3円で換算します)

9:00過ぎに出国審査。そして9:45に搭乗しました。
ただ、搭乗の際にパスポートの提示を求められました。いつもはチケットだけなのに。
年々チェックが厳しくなっている感じがします。

10:30離陸。今回は初めてタイ航空を利用しましたが、
機内食はなかなかおいしかったです。(ビーフステーキ、パン、そば、寿司、そしてデザートのババロア)
到着するちょっと前には日本茶と抹茶のおまんじゅうも出ました。
なかなかのサービスいいじゃないですか。

タイとの時差は2時間。(日本の12時がタイの10時です) 時計を2時間戻します。

14:30、バンコクに到着。ここからプーケットへは国内線で乗り換えなのですが、
この国内線乗り場までが遠かった・・・。やっぱり荷物預けといてよかったです。


▲国内線乗り場です


プーケット行きの飛行機は16:45発なので時間まで待ちました。
ただ、どこのゲートか分からずテレビ表示を見ていたんですが、
いつまでたってもテレビに表示が出ません。


   
▲あっれー?間違えたか?


間違いなく国内線はここなはずだけど、ボクの乗る飛行機表示がないんですよ。
おっかしいなぁ、と焦ってきまして空港の人に聞いたら
乗り場は7番ゲートで表示は手書きの紙で掲示してありました・・・。
どうやら、プーケット行きの便は数が多いのでテレビでは表示しないみたいです。

うーん、こんなこともあるんですね。
分からなかったら、すぐ人に聞いた方がいいですわ。

16:45、プーケットに向けて離陸。
約1時間のフライトでしたが、アップルパイとビスケットとジュースがでました。
やっぱりサービス良いですよ、タイ航空。


   
▲見直しましたタイ航空


18:05、プーケット到着。あー、意外に長かった・・・。
名古屋から直通便があればいいのにね・・・。

入国審査をパスして荷物を受け取り外へ。
ツアー会社のGさんが迎えに来てくれました。
Gさんは日本語ペラペラでした。


   
▲こんなワゴンでお迎えでした


ボクの他にあと2人(おそらく年配のご夫婦)も乗り込んでさっそく滞在するプーケットのホテルに向かいました。
空港からホテルまでは約45分ぐらいです。


 
▲結構飛ばしてました (コワイ)


先にご夫婦をホテルに送り、最後にボクをホテルに送ってくれました。
そのときの車内での会話。


島 『しかし、どこでその日本語習ったんですか?』

Gさん 『ガッコで習いました』

島 『へー、学校なんですかぁー。ちなみに日本には来たことあるんですか?』

Gさん 『いえ、無いですよ。物価が高いから行けないんです。行きたいんですけどね』

島 『へー!日本に来たこと無いんですか!いやー、それにしてもうまいです、日本語!』

Gさん 『ありがとうございます。ところで島さん、どこか観光予定はあるんですか?』

島 『えぇ、明後日は現地のツアーを予約してますが、そのほかはビーチでのんびりしようと思ってます』

Gさん 『あ、もしよかったら案内しますよ。明日の夜飲みに行きましょうか。』

島 『え!?あ、そうですね、じゃ、お願いします。』


なんてことで飲みに行くことになってしまいました。
うーん・・・。

19:45。
到着したホテルがこちら。


     
▲パトンビーチにあるプーケットグランドトロピカーナホテル ▲ロビーです


ウェルカムドリンクをいただき、ホテルのチェックインはGさんがやってくれました。

Gさん 『3日間の滞在中、ホテルでの夕食が1回ついています。いつにしますか?』

島 『うーーん、じゃあ今日の夕飯でお願いします。』

Gさん 『わかりました。あと朝ごはんは3回ホテルで食べれますから』

島 『ハイ』

Gさん 『あと、出かけるときは枕に20B(=60円)を置いておいてください。チップです。毎日置いてくださいね』

島 『了解しました』

Gさん 『じゃ、明日の20時に迎えにきますから。』

島 『あ、ハイ、お願いします』


明日、飲みに行くのか・・・。ちょっと不安だけど・・・。
まーでも旅行会社の人だからへんなことしないでしょ。
・・・しかしなぁ・・・と不安を覚えつつもとりあえず部屋へ。

思ってたよりも結構いいホテルな気はします。雰囲気的に。
ボーイさんは部屋まで荷物を運んでくれました。
ちなみに5階でした。


   
▲一人じゃもったいないぐらいのベット ▲広さはまずまず
 
 
   
▲トイレはこんな感じ


20:00。
さてと。とりあえずご飯を食べますか。

早速1階のレストランへ。


   
▲とりあえず座りまして・・・ ▲ビールをいただきます
   
▲そしてスープと・・ ▲ライスと野菜炒め(えび入り)
 
▲締めはデザートとコーヒーでした


セットメニューをいただきました。
お腹が空いていた事もあってか、とってもおいしかったです。

1時間ぐらいかけてゆっくり食べた後、とりあえず街を散策しました。


   
▲なんだこれと思ったら・・・ ▲魚介類が!


とりあえず驚いたのは魚介類が丸出しだったことです。
街のいたるところがこんな感じで氷の上にえびなんかが置いてあります。


   
▲お店はどこも ▲賑わっています
   
▲活気ありますね〜


とりあえず、ぐるーーーと一周したあと、ネットカフェを見つけて入り、家族と彼女に無事を連絡。
そのあとホテルに帰ってシャワーを浴びて寝ました。

いやー、今日は疲れました。
明日はビーチでのんびり過ごす予定です。


続きはこちら・・・
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc