TOP大阪旅行記新世界通天閣散策
浜松・伊良湖メニュー
BP-001-336x280-Main-Top


■2012/5/3(水)
新世界通天閣散策


翌朝は7時ごろ起床。

   
こんな高さです 今日もどんより曇りか・・・


息子の熱も36.9℃ぐらいと微熱ぐらいですが、昨日からずっと寝ているのでだいぶマシなようです。

朝食は8:30ごろバイキング形式で頂きました。


   
お洒落な雰囲気でした 食事もおいしかった!
   
テラスが開けられて外でも食べられます
こんな感じ


インテリアや間取りなど洗練された感じでお洒落なんですよ。
食事もおいしくておかわりして食べました。

大阪の食事は粉物ですが、たくさん食べてもなかなかお腹が満たされない感じだったのですが、
ここではごはんたくさん食べてお腹いっぱいになった感じです。


今日の予定なんですが、本当は大阪城に行こうと思ってましたが、昨日のガイドさん曰くどこの駅からも
20分近く歩かないといけないですし、中を見るのも基本歩きだと思いますので今回は諦め。

帰りの新幹線は20:00発なんですが、時間を早く切り上げて午後一ぐらいで帰ることも検討しましたが、
旅行会社に聞いてみますと今回の新幹線チケットは時間変更できないものとのこと。
(時間変更できない代わりに金額が安いものらしい)

ですが、こどもが熱を出したという理由なので、JRの窓口などであとは交渉するしかないとのことです。
窓口の人がいい人で運がよければ自由席なら乗せてくれるかもとのこと。

ネットでも調べてみましたが、やはり基本予定時間前の変更は出来ないようですね。

あとはホテルのチェックアウトが11時ですが、それを延長してここに居るか、スパのようなところに行くかを考えました。

すると、新世界のスパワールドが1000円キャンペーンをやっているとのこと。
全日利用で土日祝 大人(12歳以上)3000円、子供(12歳未満全員)1700円がすべて1000円とのこと!

天気もあまりよくないですし、これはここで時間をつぶすしかないでしょう!ということでこちらに決定。

荷物はホテルでA.M.10:00までに預けると新大阪に無料で届けてくれる、これまたJTBのありがたいサービスを利用。
2つの大きなバッグを預けて、11:00前ぐらいにチェックアウトしました。

新世界までは事前にネットで調べていた なんば⇔新世界 無料送迎バス を利用することにします。

1時間に2本ずつあるのですが、なんばのビックカメラアムザ前を11時40分発というのがあります。
まだ時間が少しありますので、昨日嫁達が行けなかったなんばグランド花月で時間をつぶすことにしました。


   
途中、こんな回転寿司屋も マグロがそのまま置いてあります!
   
2階からの眺めです
なんばグランド花月にはカンペイちゃんが!
   
吉本百年物語


よしもとを見学したあと、ビックカメラアムザ前でしばらく待ってました。
乗り場は分かりづらいのですが、タクシー乗り場の少し前、横断歩道付近ぐらいです。
特にバス停のようなものはなく、本当にここが乗り場なのか?と不安になってたのですが、
周りを見渡すと数人の方が同じように待っている感じでした。

で、時間から10分ぐらい遅れてバスがやってきました。


   
やっと来た!無料送迎バス!


なんばからは20分ほどで新世界 通天閣下に到着です。


   
しかしすごい人!
これが通天閣かぁ・・
   
道頓堀より確実に混んでますよ、コレ 串カツのだるまはものすごい行列でした
 
街並みです
 
どーん


もう時間はお昼ですから昼食をすることに。
やっぱり串カツが食べたい!ということでどの店にしようかとても悩んだのですが、今回はいっとくというお店にしました。
バスの中の広告でも1本90円からととてもお値打ちそうでした。


   
新世界 いっとく
ということで入ってみます
   
中はめちゃくちゃ狭い!


2階の座敷に通されたのですが、通路がめちゃくちゃ狭かった!


   
ということで、どて煮と・・ ポテト(めちゃくちゃ大盛り)
   
そして串カツ! 特製タレに付けていただきます


ただこのお店、串カツが来るまでに非常に時間が掛かってました。
隣で注文してたお客さんもかなり待ってたようで不機嫌な感じ。
うーん、もうちょっとここは改善して欲しいところであります。

味はおいしかったですよ。・・・けど思ったのですが串カツってそんなにお店によって味が変わるものではない気がします。
結局人気のお店とかってのはそのほかのサービスが人気とかなのかなと。
今度はだるまに行ってみたいです。



続きはこちら・・・ バックパッカー大作戦TOP
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.