TOP南紀旅行記三段壁・潮岬・太地くじら浜公園観光
伊勢メニュー
BP-001-336x280-Main-Top



■2010/8/28(土)
三段壁・潮岬・太地くじら浜公園観光

朝7時ごろ起床。


こちらオーシャンハウス下河原の朝食は一番早くて8時から。
ちょっと遅めなので、それまでの間今日の計画を立ててみました。

部屋にあった観光名所を紹介した資料があったので見てみました。


   
   


はじめはアドベンチャーワールドへ行こうとしていたのですが、それなりに値段がかかりますし、
かなり大きな施設なようですので、そこに行ったら1日いないと回れなさそう。

すると、もう帰るしかなくなり、他の観光がまったくできなくなってしまうので、
今回は白浜から海岸線を走りながら太地くじら浜公園や熊野古道、那智の滝を見て
名古屋に戻るルートとしました。


   
こちらは朝食


朝食もボリュームがあっておいしくいただきました。


   
玄関出たすぐの坂(9時22分)


ここオーシャンハウス下河原はかなりの坂の上にありまして、車で上がってくるのが結構大変でした。

駐車場に戻り荷物を載せて、まずは近くの三段壁へ。(9時47分)

駐車場は三段壁としてはなく、近くのおみやげ屋さんに停めるほかありません。
ボクが停めたおみやげ屋は3時間以内500円で、1000円以上おみやげを買うと駐車場代は無料になるとのことでした。


   
三段壁 ここから下の洞窟に降りられます



こんな感じになってます


エレベータで下の洞窟に降りられるのですが、大人(中学生以上)1200円、こども(小学生)600円
かかりまして、下まで行くと結構時間がかかりそう。

今日は那智の滝を見るのが一番の目的なので、下に行くのは諦めました。


   
結構・・・ 高いです!


写真を撮ったのは展望台のようなところからなのですが、右上の写真の岩の先端とかにも行けるようで、
人が歩いているのが見えました。(釣り人かな)

時間があったら行ってみると結構迫力あるかと思います。

結局ボクらはこの展望台付近から岩を眺めたのみで、先を急ぐことにしました。


次に向かったのが、本州最南端の地、潮岬。

ボクらは潮岬灯台に行ってみました。
駐車場はありまして、300円。
灯台の中に入るには大人200円が必要です。


   
潮岬灯台です(11時39分) 波は結構高い感じ
   
ぐるっと・・ 見渡します
   
そしてこちらが灯台
   
ぐるぐる〜
中も登れるのです
   
上からの眺め 結構高いです
   
遠くまで見渡せます


しかし、この灯台の階段は非常に狭く、息子をだっこして登ったのですが、一番上に上る階段が非常に急で、
結構危ない感じでした。小さなお子さん連れの場合はちょっと止めた方がいいかもしれません。

ここを見たあと、そのまま次の目的地へ向かってしまったのですが、ネットをいろいろと見ていましたら、
この灯台の他に観光タワーがあったのです。


   

ボクらは赤のルートでそのまま来た道を戻ってしまったため分からなかったのですが、
青のルートを通れば観光タワーへ行けたのです・・・
芝生広場の先に本州最南端の碑があるそうですが、それも見ずじまい・・・
この記事を書いていて、なんとなく損した気分になってしまいました。
(ただ、観光タワーは結構寂れているようですが・・・)

ちなみにこの観光タワーの駐車場は無料だそうなので、ここに車を置いて灯台まで歩いていけば
駐車場代を節約することができるかも。


潮岬を出たのが12時で、そこから太地くじら浜公園へ向かいました。


   
ということで到着(12時54分) 亀がいました


入場料は大人 1050円 こども630円 幼児(3歳〜) 210円 です。
あとここに割引券がありました。

駐車料金は無料でした。


   
中にはくじらが展示されてます デカイ・・
   
昔は・・ こんな風に漁をしていたんですね
   
ゴンドウクジラ


3階建ての建物の中にくじらが展示されていました。
それほど大きくはないので、さくーと見ることができました。

その後、外を見学。


   
くじらが飼育されています 骨ー!
   
いたー! くじらー!


ここで一番見たかったのが、カヤックアドベンチャー。
透明なカヤックに乗ってくじらを観察できるというのです!

本当は乗りたかったのですが、息子が小さすぎるのと時間があまりなかったので今回は断念。
ですが、他の方が乗っているのを撮って来たのでどうぞ。





結構面白そうじゃないですか!?

他にもいろいろとイベントがあって、こどもと来ると楽しめそうです。
以下、2010年9月5日時点での時間と料金です。
※変更になる可能性があると思うので太地くじら浜公園のホームページで確認してから行きましょう



●カヤックアドベンチャー
定員:2名
*カヤックを漕ぐことができる方に限ります
場所:ふれあいの浜
時間:10:45〜11:15  14:45〜15:15
料金:1名 1000円
所要時間:1回 10分

●ビーチでふれあい
場所:ふれあいの浜
時間 11:45〜12:15  13:45〜14:15
定員:各8名
料金:1,000円(1人1回5分間)
☆時前の電話予約も承わります。

●イルカにタッチ
場所:イルカショープール
時間: 9:40〜9:50  11:25〜11:35  13:25〜13:35  15:25〜15:35
定員:各30名
料金:200円
先着順で受付(定員になり次第終了)

●餌あげ体験
場所:ふれあい桟橋
時間 10:30〜10:45 12:30〜12:45 料金:200円
数に限りあり


この後、くじら浜公園内にあるマリナリュウムという海洋水族館へ。
ここには小さな水族館があって、イルカが泳いでいるのをみることができます。
世界で1頭の大変珍しいイルカ、「腹びれのあるバンドウイルカ(愛称;はるか)」を飼育してるそうですが、
ボクは見損ねてしまいました・・

最後にイルカショー。


   
ということでスタート! イルカー!
   
立ち泳ぎー! ジャンプー!


ただ・・・今日は調子が悪かったのか、イルカが結構言うことを聞いてくれず、
飼育員が指示してもなかなか動きださなかったです。
観客のみなさんも苦笑い、みたいな。

もう少し訓練が必要なようですね。


   
ショーのあとにはイルカにタッチできるよで並んでました


とうことでボクらは先を急ぎます。


   
博物館を出たすぐにあるお店 ここでくじらの串かつを・・・


せっかくここに来たからにはくじらを食さないと!
ということで串かつを購入。(2本で500円)

これはネギマみたいになってるのですが、味は揚げてあるとは言えやっぱり独特の臭みを少しだけ感じました。
けど、昔は給食に出てたよねって(嫁談)

結局昼食を食べる時間がなく、この串かつで終わりとなってしまいました。
ここでちゃんと食べておくべきだったとあとで後悔することになるのですが・・・


   
くじらのモニュメント

続きはこちら・・・ バックパッカー大作戦TOP
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.