TOP伊豆旅行記伊豆⇒名古屋
 
■伊豆旅行記
2007/4/7 名古屋 ⇒ 伊豆
2007/4/8 伊豆 ⇒ 名古屋
BP-001-336x280-Main-Top



■2007/4/8(日)
伊豆⇒名古屋



6:00ごろ起床。

 
▲今日は天気がよさそう!
 
▲気持ちがいいです


で、早速露天風呂へ。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、昨日入った内湯よりも大きく、家族で入るには十分な広さな露天風呂でした。
やっぱり、露天風呂は気持ちがいいです!

さっぱりしたところで朝食。(7:30ごろ)


   
▲いっただっきまーす! ▲伊勢えびのお味噌汁!!
   
▲麹の塩辛 ▲きびなご・・・だったと思います


これまた朝食がうまいのなんのって。
ご飯3杯食べちゃいましたよ!

シンプルなんですが、ひとつひとつの味が本当においしい!
伊勢えびの味噌汁はよくえびのダシが効いてて海の香りがしますし、
塩辛も抜群の珍味です!
(これを買って帰ろうと思ってお店をいろいろと探したのですが、売り切れでした・・・残念)


チェックアウトの10:00までしばらく時間があるので、辺りを散歩しました。


   
▲大丈夫でしょうか、この橋
▲歩きます
   
▲雰囲気いいです ▲辺りにたくさん宿屋があります
   
▲しばらく歩くと海へ!(徒歩5分)
   
▲山も見えます ▲気持ちE〜
   
▲天気がやばいか? ▲なんか大群で泳いでるー!
   
▲結構海はキレイでした ▲海ー!
   
▲そして街を散策 ▲こんな感じ
   
▲細い路地もたくさんありました


このあと宿に戻り、支払いを済ませてチェックアウト。

ちょっとご主人に聞いてみたのですが・・・
吉右エ門という民宿名は屋号から取ったものだそうです。

昔、何代目か前のおじいさんに吉右エ門さんという方がいらっしゃって、それがそのまま屋号となり、
民宿名になったそうだとか。

なのでいろいろとなんとかエ門やら甚四郎やら名前みたいな民宿がたくさんあるのですね・・・

10:00過ぎに名古屋に向けて出発です。
とりあえず、本日の予定はイチゴ狩り!
さっそく車を走らせます。

しばらく走りますと、なんだか遊覧船が見えてきました。
せっかくなので道草します。

ただ・・・車を止める場所がありません。
駐車場らしき場所はたくさんありまして、看板には大きく『無料』と書いてはあるのですが、
それぞれに人が立っていて目を光らせています・・・なんだか嫌な悪寒。

でも仕方が無いので、人気のなさそうなお店の駐車場に停めてみました。

すると・・・店から店主らしきおばさんが光速なスピードで歩み寄ってきましてこう言います。



おばさん 『お船乗られますか?』

島 『いや、ちょっと見るだけで寄ったんですけど』

おばさん 『あの船はこの辺りを遊覧してて、非常に景色がいいんですよ。洞窟なんか巡りますから
       ぜひ乗ったほうがいいですよ!』

島 『はぁ・・・とりあえず下の方を見てから決めたいんですが・・』

おばさん 『あ、そうですか・・・とりあえずウチに車を置いてありますから、もし船に乗られるんでしたら
       船の切符はウチで買ってくださいね。



謎は解けた。
駐車場無料の看板の謎は解けた。

つまりはこうゆうことだ。
駐車場を無料にするかわりに船の切符を買わせ、そのチケットの何割かが店側に入る仕組みなのだろう。

・・・遊覧船は確かに楽しそうなんだけど、こういった商売を前面に押してこられると
なんとなく船には乗りたくなくなってしまう・・・。

うーーん・・・。
とりあえずみんなで歩いてみることに。


   
▲ホホー ▲そうですかー
 
▲船着場です
 
▲なるほどなるほどー
   
▲向こう側の岩にも行けるようです ▲結構高!


いちご狩りもしないといけないので、お土産だけ買って帰ることにしました。
とりあえずお店に入ります。


   
▲うお!伊勢えびがいる! ▲ギャオスー!


麹味のいかの塩辛が欲しかったのですが、このお店には置いてありませんでした。
ただ・・・そのまま立ち去るのも気が引けたので、とりあえず『たこわさ』を購入。

そそくさとそのお店を後にしました・・・。


あとで気づいたのですが、船着場からは少し歩きますが、でも近いところに公共の無料駐車場がありました。
できれば、ここに車を置いて見学すべきかと思います。

遊覧船も意外に乗ってみると楽しいかも。お客さんも結構たくさん乗っていました。
詳細はこちら。 ←洞くつめぐり遊覧船堂ヶ島マリン(株)ホームページ


堂ヶ島を後にしてしばらく走りますと、今度は世界一の花時計なる看板を見つけたではありませんか。
以前、たしかズームインでやっていたのを見たことがあります。
早速寄り道。


   
▲でか! ▲でかすぎです
   
▲周りはこんな感じ ▲足つぼマッサージです!


この時計台の周りにはこんな風にたくさんの種類の石が埋め込まれていまして、靴を脱いで歩けるようになっています。
いわゆる足つぼマッサージですね。

しかしこれがなかなかどうして、痛いんですよ!
まともに歩けない・・・痛すぎて。
手すりにつかまったりしながらなんとかかんとか一周しました・・・


   
▲高台がありまして、時計台を上から見れます ▲広場なんかもありました
   
▲松もでかい・・・ ▲ちょっと歩けば海も見えます


とりあえず見とくといいかも。

そのあとしばらく走り、ドライブイン的なところでまたもや道草。


 
▲こちら
 
▲わさびソフト!


この辺はわさびが有名らしいので、とりあえずわさびソフト食べてみました。
うーーん、おいしい・・かな・・・。

まずくはなかったですよ、まじで。
ちょっとピリっとした辛さが効いてて好きな人は病み付きになる・・・かも。(あくまで ”かも” ですが)

そして本日のメインイベント!イチゴ狩りです!



   
江間いちご狩りセンターさん


先に支払いを済ませますと、係員さんの誘導でイチゴハウスへ連れて行かれます。


   
▲車で移動 ▲チケットを渡してハウスへ・・・


こちらは30分食べ放題。
練乳の入ったお皿をもらいましていざ出撃!


   
▲たくさんなってます! ▲どれにしようか・・・
   
▲いっただっきまーす! ▲なかなか繁盛してました
   
▲かんがん食べます ▲あー、お腹いっぱい


いちご、なかなかおいしかったです!
が・・・生ぬるいのはちょっといかがなものかと・・。
まぁ4月とは言え、天気だったものですからかなりハウスの中の温度は上昇してまして、
イチゴがかなり生ぬるいんですよ。

なので、日陰のちょっと冷え気味なイチゴを探して食べてました。

それから、腰をかがめて探さないといけないので、ちょっと大変かも?
最近では腰より高いところになっているイチゴ狩りセンターもあるみたいですから、
そういったところを探してもいいかもしれません。
(ボクはネットで探したらここが一番最初に見つかったので行ってみました)


   
▲すぐそばに菜の花畑もありました ▲キレイです・・・
   
▲のんびり〜
   
▲こちらでは持ち帰りもできるようです ▲こんな感じ


そのあと、帰り道で見つけたわさび工場にも行ってみました。


   
三島わさび工場さん ▲わさびが!!
   
▲ほらあなって!? ▲作ってます
   
▲洗ってます! ▲できあがり


ほらあなは工場内のガラスで仕切られた作業場内の空気と繋がってまして、
匂いが嗅げるんですが、すごいつーーんって香りがするんです!
もうね、わさび最強。

ここではいろんなわさび製品が売ってまして、お土産には最適かもしれません。
ボクらも生本わさび1本買ってしまいました。

さて、旅もいよいよ終盤。
沼津インターから高速に乗っていざ名古屋へ。


   
▲またもや浜名湖で休憩 ▲やっぱりうなぎでしょ!
   
▲うちの奥さんは・・・ ▲はんぺん購入


うなぎ串は手ごろな値段でうなぎが味わえたので満足しました。(もっと食べたかったけど)



さて・・いかがだったでしょうか、今回の伊豆旅行。
おいしいものたくさん食べられてなかなか楽しめました!
是非、皆さんもおいしいものを食べに伊豆に行ってみて下さい!楽しいですよ!

ということで最後まで読んでいただいた皆さんに恒例のおみやげを。



   
本わさびどうぞ。




ただ・・・ね・・・。
このわさび、ちょっと外れでした・・・。
んーーーはずれというか、すり方が悪かっただけかもしれませんが、
このわさび全然辛くなかったんですよ。



   
▲がんがん擦って食べたんですが・・・ ▲たくさん付けたんですが・・・
   
▲せっかく刺身買ってきて食べたんですが・・・



全然辛くない。
どうゆうことですかこれは。
わさびが辛くないっていったい・・・。

説明書には擦った後に包丁で叩くと辛味が増しますとか書いてありまして、
がんがん叩いたのですが一向に辛くならず。

仕方がないので・・・



   
チューブわさびを出しました。(右側)



なんともったいないのでしょう。

・・・でも・・・辛くないんだもん。

えー、みなさん。

わさびって難しいです・・・。

戻ります  バックパッカー大作戦TOPへ
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc