TOP浜松・伊良湖旅行記うなぎパイファクトリーと浜名湖ガーデンパーク
浜松・伊良湖メニュー
BP-001-336x280-Main-Top



愛知に住んでかなり経ちますが、渥美半島にはいままで一度も行ったことがありませんでした。
名古屋からは結構遠いので日帰りは難しいなと思っていたのですが、今回思い切って一泊で行ってきました。

それでは、さっそく行ってみましょう、どうぞ。



■2011/10/28(金)
うなぎパイファクトリーと浜名湖ガーデンパーク

朝9時過ぎに出発し、高速に乗りました。
浜松西ICを降りて、まず向かったのはうなぎパイファクトリー。

無料で工場見学が出来ます。
今回予約はせずにそのまま行ったのですが、予約無しでも自由見学ができます。


   
いきなりドデカイうなぎパイでお出迎え こんな工場です
   
受付を済ませるとおみやげもらいました 中はこんな感じになってます


上の右の写真の壁に窓が見えると思いますが、この窓から工場内が見えます。
写真撮影は不可だったので無いのですが、中にはうなぎパイが整然と並んで焼かれながら
流れていく光景を見ることができます。

焼かれるにしたがってパイが膨らんでいく様子がみられました。これは面白い!

2階に上がると、焼かれたパイの梱包・箱詰め工程をガラス越しに見ることができます。
工場全体をずらーと見渡せるので圧巻でした。


   
こんな展示も 昔はいろんな形が検討されたんですね


この工場は15分〜30分程度で全部見れてしまうので、この工場だけを目的にしてしまうと時間が余ってしまうと思います。
どこかのついでに寄るのがよいでしょう。

その後は近くのファミレス(COCO’S)で昼食を済ませた後、浜名湖ガーデンパークへ。
駐車場は無料で停められますし、入場料も無料です。


   
とてつもなくデカイ芝生・・・ 園内を散策してみます
 
こちらはこども広場 こんな遊具があります
   
お食事処「むらちゃ」にてレンタルします
面白そうな家族自転車を発見


上の4〜6人乗りの家族自転車は1時間800円で借りられます。
その他、普通自転車(二人乗り)400円(1時間)もありました。

コースは決まっており、一方通行です。ゆっくり走っても大体1周約30分で回って来れます。

さっそく家族自転車を借りて園内をサイクリング!


   
緩やかな上り坂もありました
ということで出発!
 
こちらは・・・
 
展望台です


今回は台風の影響で故障しており登れませんでしたが、登れれば360度のパノラマが楽しめると思います。
(料金は300円程度必要)


   
こんな自転車もありました ここから遊覧船のガーデンクルーズが楽しめます
   
ずんずん進みます 息子も前に乗って楽しそうでした
   
ススキってこんなになるんですね 自転車が入れないエリアもあるのですが、そこは降りて散策
   
かなりでかいんです こんな松も
   
ボートが走ってました しかしこんな広い芝生みたことないです


ひとしきり遊んて楽しんだあとはホテルへ向かいます。
今回泊まるホテルは伊良湖ビューホテル

ここからホテルまでは60km。かなり眠くなってしまったので、嫁に運転を代わってもらってホテルへ向かいました。

夕飯は2部制のバイキング方式。
今回は17:30からの部を選択したのですが、16:00過ぎに到着しました。


   
エントランス こんなホテルです
   
ロビーです 7階の最上階でした


まずはお風呂へ。
このホテルの目玉でもあるパノラマが楽しめる露天風呂へ!
やはり丘の上にあるホテルなので、お風呂から海がとても綺麗に眺められました。
ものすごい開放感を味わうことができます。

お風呂を堪能したあとは夕飯。時刻をみるとすでに17:30を過ぎてる!
急いで会場へ


   
こんな大会場です
   
ということでいただきます! 特産の大アサリ!


嫁はバイキングが大好きでいろんなところに行ったことがありますが、ホテルのバイキングは初めて。
やはりちょっと高級感のあるものが多く、なかなかおいしかったです。
手前のステーキは本当においしかったです。

食事のあとは屋上へ。
このホテルには屋上が展望台になっているそうなので、ちょっと向かってみました。


   
高い! 海岸が見渡せます
   
気持ちいいです


いやー、ほぼ360度のパノラマが楽しめます。
お天気情報などもここからの映像が使われるとか。

部屋に戻った後は嫁と息子は再度露天風呂を楽しみに行きました。

続きはこちら・・・ バックパッカー大作戦TOP
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.