TOP飛騨高山と白川郷旅行記飛騨牛を食らう
伊勢メニュー
BP-001-336x280-Main-Top



えー、夏も終わってしまうので、秋になって寒くなる前にどこかにいこうか、
ということで行ってまいりました、飛騨高山。

それから、本当は冬に行きたいと思ってたんですが、高速が開通したのでついでに白川郷にも行ってきました。

情報は前日にネットで調べたもののみ。
いったいどんな旅行になったのでしょうか!

それではさっそく行ってみましょう、どうぞ。



■2009/8/29(土)
飛騨牛を食らう


こどもがいるため、泊まりは無理。
なので、飛騨高山と白川郷を効率的に回らなくてはいけません。

とは言え、朝早く出るのも辛いので、、、結局9時に出て、お昼を高山で食べ、
散策したあと白川郷に向かうことにしました。

まぁ、東海北陸自動車道が開通したため、高速道路でつながっています。
なのでそれほど心配せず出かけました。

9時に出まして、高速は順調。

ただ、白鳥ICから高鷲ICぐらいまで4キロぐらい渋滞してました。
ここは車線が2車線から1車線に減るんですね。
なのでどうしても込むようで、結構時間がかかりました・・







で、高山なんですが、東海北陸自動車道からですと、飛騨清美ICで降りることになります。

ただ、飛騨清美ICからは高山清美道路なるほとんど高速のような無料道路があり、高山ICまでノンストップでいけるのです。

初めは高速かと思ってお金取られるかと思ったんですが(ってまぁ1000円上限なのでどっちにしろ関係ないですが)
こんな立派な道路が無料とはとにかく驚き。

先に道順だけ書いておきますが、高山から白川郷にはやっぱり高山ICから乗り、高速を使って白川郷ICまで行きました。
高山から白川郷までは意外と距離があるので下道で行くのはオススメできません。(1日で回ろうとするならば)


高山に着いたのはやっぱりお昼。



   
高山市内です(P.M.12:09)



しかしあれですね、やっぱり雪国だけあって信号が縦ですね、縦。
雪が積らないようにってことらしいですが、こんなにたくさんの縦の信号は久々です。

昼食ですが、やっぱり飛騨牛が食いたいと。
えぇ、前日なんですが、一応ネットで調べましてね。

まぁあれですわ、やっぱり普通にステーキを食べようとすると6千円、7千円軽くイッてしまうようです。
そんなお金はありませんから、そこそこリーズナブルなお店を探しました。

で、結局行ったお店がこちら。



   
飛騨高山 京や お店はこんな感じ



昔ながらの造りって感じで雰囲気のあるお店でしたよ。

料理は少しは奮発して牛道楽定食と京や御膳を注文。



   
牛道楽定食 3000円 京や御膳 3500円



しばらく待っておりますと、料理到着!



   
牛道楽定食です 朴葉味噌焼き(混ぜて焼くと左のようになります)
   
飛騨牛たたきに・・ 飛騨牛のどんぶりもついてます



写真で見るとまぁまぁに写ってますが、実際に見てみるとちょっとボリュームが足らない気が・・・
やっぱりね、3000円クラスだとこれぐらいの飛騨牛しか食べられないのでしょう。

あくまで個人的な感想ですが、朴葉味噌焼きはどうしても味噌の味に支配されてしまうので、
肉の味を堪能したい方にはいまいちでしょうか。

たたきもおいしいんですが、この中でボクが気に入ったのはどんぶりの飛騨牛ですね。
若干ご飯が少ない気もしましたが、、、ご飯と一緒に食べる飛騨牛はおいしかった!



   
嫁はこちらの京や御膳 見てください、この飛騨牛!
   
焼きたてをいただきます!



嫁は刺身やわんこそばも付いた京や御膳をいただきました。

これについていたこの飛騨牛ミニステーキは料理の中で一番おいしかったです!
やっぱり肉はステーキにして焼きたてをいただくのが一番ですね・・・・

このお店はこういった定食の他に単品でも肉を注文できるので、
定食じゃなくて肉を単品で注文して焼いて食べるのもいいのかもしれません。

さて、お腹も満たされたところで飛騨高山観光に出かけます。



駐車場はどうしようか迷ったんですが、ぐるっと回ってみると、1日1000円のパーキングが多いようです。
ボクらは結局1日800円の高山別院の駐車場に停めました。(高山別院周辺地図



 
高山別院
 
4時間以内は800円ですね
   
駐車場です



で駐車場に停めたはいいんですが、高山ってどこを見るのかと。
全然わからないわけですが、駐車場でマップをもらいましたので、それを見ながら古い町並みを目指して歩きました。

こちらにパンフレットを載せておきます。

続きはこちら・・・ バックパッカー大作戦TOP
BP-001-336x280-Main-Bottom

アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.