TOPドイツ&チェコ旅行記ポツダム日帰り
ドイツ&チェコ旅行記メニュー
BP-001-336x280-Main-Top




■2005/5/3(水)
ポツダム日帰り


8:00起床。

とりあえずシャワーを浴び、ココと遊んだり、写真を見せてもらったりしながらうだうだ。
時間に追われないってところもツアーには無いよいところ、と思ったりします。

10:00、いつものようにパンで朝食。

   
▲いただきまーす

11:30、ポツダムに向けて出発です。
今日は遅めの出発。
というのもポツダムはそれほどベルリンから遠くないのです。

アウトバーンに乗って約1時間ぐらいで到着。
駐車場に車を停めます。
サンスーシ宮殿周辺を散歩しました。

 
▲ギリシャ建築っぽい?
 
▲風車ですな
   
▲眺めがいいです
▲フルート吹いてた!
 
▲王様の植物を冬の間置いておくらしい
建物の中は植物でいっぱい!
▲こんなのもありました
   
▲ポツダム大学・・・だけど残念ながら改修中
▲ドラゴンの塔・・・だったかな
▲新宮殿(Neues Palais)
   
▲これまたたくさんの像が・・・ ▲もう一枚パチリ
   
▲緑もきれいです!きもちEー ▲川なんかあって・・・
   
▲水鳥とか・・・ ▲白鳥なんかいました
   
▲東洋趣味の中国茶館 ▲宮殿まで整備された通路、まっすぐです!
  サンスーシとは
悲しみが無いという意味らしいです。 
▲サンスーシ宮殿

ぐる〜と2時間ぐらいかけて回りました。

うーん。
どうなんでしょう。
ボクらはポツダムの西側だけしか歩きませんでしたが、
いまいち見所は少ないかも・・・。
ドレスデンを見た後だったのでかなり見劣り感のあるポツダム・・・。
うーん・・・。

このサンスーシ宮殿の噴水のベンチで休憩。
ここで今日も作ってもらったお弁当のサンドイッチを頂きました。
ちょっと遅めの昼食。

ダニエラ 『どうする?もっと見たい?』

島 『うーん、とりあえず満足だよ』

ジュリア 『黒い雲が見えるからもうすぐ雨が降るわよ。
       あの宮殿を見た後、降らないうちに帰りましょう』

   
▲宮殿からの眺めです ▲うーん、これまた改修中でした

15:30、ベルリンへ出発。

   
▲ひた走る! ▲あっというまにベルリン
   
▲えーとえーと・・・なんだったか忘れた
▲ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)
   
▲車で走りながら・・・ ▲ベルリン市内観光!

今日の夕飯も彼女達が作ってくれるとのことで、
スーパーへ買い物にいくとのこと。
なんとダニエラがバイトして働いているスーパーとのこと。へーー!

   
▲なんかだだっ広い ▲壁には雑誌が満載・・・
   
▲エスカレーターにはカートごと乗ります! ▲人がいない・・・

ドイツのスーパーで驚いたのはこのカートごと乗れるエスカレーター。
レジは1ヶ所にしかなく、全部後でまとめて支払います。
いやー、びっくりした!

あととにかく人が少ない・・・。
こんなスーパーやっていけるのかってぐらい少ない。

そのことを彼女達に話したら、『あーいつもこのぐらいよ』とのこと。
ひとがゴミゴミしておらず、とっても快適なスーパーでありました。

   
▲食材購入! ▲ベルトコンベアー方式!

安かったのでここでお土産のチョコも購入しちゃいました。
空港なんかで買うよりずっと安いです、当たり前だけど。

そしてもうひとつ驚いたのはレジ。
そう、日本みたくカゴがないのです。
一個一個レジのコンベアーに乗せ、ピッ!っとレジ清算。
お国が違えばこんなところも違うのね・・・。

それと、レジ袋はありません。有料なんです。
日本でも話題になってますが、ドイツではもう当たり前。
日本、遅れてるのねと痛感。

18:30、夕飯の時間です。
今日はドイツの伝統料理を作ってくれました。

   
▲ナニを作ってくれるの? ▲アスパラとジャガイモのホワイトソースがけ

ということで、アスパラとジャガイモのホワイトソースかけと鶏肉のサラダを
つくってくれました。

結構いける!のですが・・・とにかく量が多い・・・。
しかも米がないからどうも・・・・。
やはりアジア人には米は必要ですな。

そうこうしていると、ダニエラの彼氏が遊びに来るとのこと。
ということで・・・

   
夕飯もご一緒。

いやー、実にフレンドリーであります。

彼はドイツ人なんですが、なかなか複雑な環境で生まれたとか。
アフリカ人の父をもつ彼ですが、その父はベルリンに仕事できて、
そのとき知り合ったドイツ人のお母さんと一夜限りの・・・・・・

その後お父さんはアフリカに帰ってしまったそうで、
お母さんが育ててくれたそうです。

うーん、これまた考えさせられますなーー。
ホントカルチャーショックでかいです。
勉強させてもらいました。

あと彼に教えてもらったのが、ビールの栓の開け方。
ドイツのビールって日本みたいな缶ではなく、
ほとんどビンなんですよ。
で、栓抜きがないときとっても困りますよね。

そんなときは・・・

   
ライターで開けられるのです

この写真のように左手の人差し指の腹を支点にして
てこの利用をすると簡単に開けられます。

日本に帰ってきてからジーマでやってみましたが、
やっぱり簡単に開けられました。

バーベキューなんかで栓抜きの無いときはちょーオススメです!

・・・。
すみません、話が逸れました。

その後彼ら2人は彼のアパートに行ってしまいました。(おーい
まぁそうだわなぁー。仕方ないわなー。

で残されたジュリアと2人で明日以降の予定を立てながら
ビールを飲み明かし、23:30に寝ました。

今日もいろんな発見ありました!満足!
明日はベルリン観光です。


戻ります  続きはこちら・・・




アクセスランキング 
copyright
online:  Copyright (c) 2005 - 2015 shima All Rights Reserved.
 
dc