アジアを中心とした一人旅のバックパッカー旅行記です。国内の旅行記も書いてます。

2017/8/2 東京旅行記 箱根・大涌谷温泉(1/4)

  • HOME »
  • 2017/8/2 東京旅行記 箱根・大涌谷温泉(1/4)

会社でリフレッシュ休暇が取れましたので東京へ行ってきました。

北海道とか案が出たんですが、長男が飛行機乗りたくない!ということで諦め、最近ハマってる野球を東京ドームで見よう!ということになり今回は東京へ行くことにしました。(屋根があるので天候を気にしなくてよいので)

ボクらは中日ファンなので、東京ドームの巨人戦チケットを確保しないと始まりません。
子供が夏休みでないと難しいため8月の試合となると8/4(金)、5(土)、6(日)です。
混むのもイヤなので、8/4(金)に狙いをつけてなんとかチケットをゲット。

車で行く予定で、名古屋から東京は350kmぐらいあります。
疲れそうなので途中箱根に寄り、あとはスカイツリーと嫁がバイキング大好きなのでホテルバイキングを予約する計画を立てました。

結局事前予約は以下となりました。

◆箱根
ダイヤモンド箱根ソサエティー(素泊り1泊2日 1部屋) 7,500円 
入湯税 150円×2人=300円
合計 7,800円

◆東京
アパホテル(飯田橋駅前)(素泊り2泊3日 2部屋) 25,000円×2泊=50,000円
・4人1部屋はなかったため2人ずつ2部屋で取りました。子供料金はないので素泊まり2部屋25,000円となりましたが、東京ドームまで近いホテルはなかなかなくて仕方なくこちらを予約しました。

◆東京ドーム(巨人VS中日 8/4)
外野レフトビジター指定席 2,200円×4人=8,800円
手数料合計 1,296円
合計 10,096円

京王プラザホテル(8/3)
スーパーブッフェ グラスコート
大人 5,600円×2人=11,200円
こども 3,100円
幼児 1,800円
合計 16,100円
・事前の口コミを調べてよさそうなところということで予約してみました。

東京スカイツリーWebチケット(8/4)
朝割/大人/天望デッキ+天望回廊 3,000円×2人=6,000円
朝割/小人/天望デッキ+天望回廊 1,400円
朝割/幼児/天望デッキ+天望回廊 900円
合計 8,300円
・当日券も考えたんですが、日によっては並ぶこともあるそうで、ここで長時間待つのも時間がもったいないので事前予約しておきました。

羽田空港 駐車場予約 (8/3~5)
・東京は駐車場がなさそうなので、羽田空港に車を置いて電車で東京へ向かうことにしました。
事前に8/3~5まで予約をしておきました。かなり取りづらいですが何度も何度も確認していれば空くことが結構あるのでがんばって予約しました。予約しておくと待ち時間なく駐車できます。
結局繁忙期なので4,500円+1,000円(予約金)=5,500円でした。

とりあえず、この予約の合計で97,796円です。

ということでさっそく行ってみましょう!


2017/8/2
東京旅行記 箱根・大涌谷温泉

家を8時に出まして、高速乗ります。東名高速が渋滞しているようなので名古屋高速を使って第二東名に入るルートを使いました。


岡崎SAに到着(9:20)


ミストが出ていました


平日なのでそれほど混んではなかったです


中に入ると…


こんな感じ


とりあえず休憩ということで…


ソフトクリームゲット

その後、清水PAでも休憩。


清水PAに到着(11:54)


やはり静岡といえばガンプラ!


人間サイズのガンダムがディスプレイされてました


中はこんな感じ


ちょうどお昼なので石焼き豚キムチビビンバをいただきます(820円)

こちらの石焼きビビンバはちょっとボリュームがいまいちで肉の量とか海苔が残念な感じでした…


嫁とこどもはピザです


定番はおいしいですね はずれ無しです

お腹が満たされたところで富士山こどもの国へ向かいます。少しだけ遊ぼうと思いまして、新富士ICで高速を降りて向かいました。

しかし天気がいまいちで雨がパラパラしています。今日の天気の予報は曇りなのでなんとかもって欲しいと思ってましたが、結局到着してもパラパラしてまして、しかも標高が高いことを忘れてまして、外に出ると結構寒い!
これはヤメた方がいいね、ということでここは素通りしましてホテルに向かいました。

富士山こどもの国からダイヤモンド箱根ソサエティーへ向かう途中、道を間違えて遠回りしてしまいました。


このルートで行けばよかったんですが…


このルートを通ってしまいました

野尻峠からは有料道路になるんですが、入り口を間違えて左側の箱根スカイラインへ入ってしまいました。本当は右側の芦ノ湖スカイラインに入らないといけませんでした。失敗です。皆さん気を付けましょう…ってボクだけですか、そうですか。

引き返そうかとも思ったんですが、気づいたのは料金所を超えたところだったのでおとなしくそのまま遠回りしました。


そしてようやく到着!(14:20)


入り口です


駐車場はこんな感じ

結構狭かったです…

チェックインは15:00からでまだしばらく時間があります。フロントの方に聞いてみますと、ここから大涌谷温泉へは車で10分程度とのこと。ちょうどいい時間つぶしになるので行ってみることにしました。

駐車場はありますが、天気の悪いこの日でも結構入ってました。お盆や天気のいい日などはすぐにいっぱいになってしまうかもしれません。ロープウェイで登ったほうが無難かもしれませんが、面倒ですもんねぇ。時間帯などを考えて車で行ったほうがいいかもしれません。

ホテルから10分ほどで大涌谷温泉に到着。駐車場(520円)に入れてまずは火山活動を見に行ってみます。


すげー!モクモクです!


しかも凄い硫黄の臭い!

いやー、地球って生きてるって感じです!
というか、すごい悪天候で雨が結構降ってて大変でした。もう少し天候が良ければゆっくり見れたんですが、ササッと見学です。


皆さん傘さしてましたが結構な強風であおられてる方もいました


そしてこれでしょう!名物黒たまご!(5個入・塩付 500円)


大涌谷 黒たまご!


早速いただきます!


うーん、普通のたまごです…

塩が付いてるの気づかずにそのまま食べてしまったんですが、ほんのり塩味がしました。ただ…まぁ普通のゆでたまごですね、ハイ。
とはいえ名物ですから一度は食べてみましょう!


裏書によりますと、黒色の正体は温泉の硫化水素と鉄分が結合し、硫化鉄となって黒くなったものだそうです


大涌谷ぃ!

ということであっという間に大涌谷を見学しまして、ホテルに戻ります。(15:05)



部屋はこんな感じ


洗面台


入り口です

リニューアルしたようで、結構新しい感じでした。

ここは素泊まりなので、事前に調べておいた天成園へ温泉と夕飯を食べに出かけます。(16:00)

箱根ソサエティー周辺でいろいろと夕飯が食べられるところを探したのですが、なかなかなくて、口コミよさそうな箱根の温泉ということで、今回は天成園へ向かいました。


青のルートです

17.3kmなので結構な距離でして、しかも山道なのでくねくねしてて結構時間かかりました。


こちら天成園

想像以上にどでかいホテルでびっくりしました!


入り口です


高級感漂います

ネットで 天成園 クーポン で検索すると割引券があると思うので、それを印刷して持っていきました。

大人 通常価格2,484円 → 2,084円 (16%OFF) ×2人 =4,168円
子供(小学生) 1,296円
幼児(未就学児) 972円
合計 6,436円

館内着、バスタオル、ハンドタオルが付いてきます。

受付をして館内を入ります。


長~い通路を歩きます(デカイ)


外は山が見えてとても心地よいです


池とかありました


エレベーターホール

ここから大浴場の階へ上がり、温泉に入りました。

やはり大きいお風呂でとても気持ちがいいです!
露天風呂もありますが、屋上天空露天風呂ということだけあってとても解放感があり、サイコーでした! 温泉は少し舐めてみましたがほとんど無味無臭。つるつるした感じもなく本当に温泉かな?という感じ。

天気が悪くて若干雨がポツポツしてたんですが、それでも屋上から眺める山々はなかなか味わえない雰囲気でとてもよかったです。

温泉を出た後は食事です。無料でくつろげる「憩い処」でいただきます。

この日は日帰り入浴者が使える無料スペースは3部屋あって内2部屋は座敷にイスが置いてある部屋、のこり1部屋が座敷でした。

やっぱり座敷でゆっくりしたいので、みなさんこちらの部屋を使われていて、イスの部屋には誰もいませんでした。

もうすこし座敷スペースを増やしてもらえるとよかったかなぁ。ほかに何部屋もある感じでしたが、その先は宿泊者しか入れないようになってました。


ということで 刺身・天ぷら膳(1,580円)を注文 (17:21)


嫁は 豚ソテー+飯単品(1,350円)

こどもは味噌ラーメン(850円)と手羽先黄金焼(350円)を注文です。(合計4,130円)

お刺身はまぁまぁでしたが、天ぷらは揚げたてをいただけてとってもおいしかったです!
味噌ラーメンも味が良くて満足な夕飯でした!

その後は同じ道を戻りまして20:00前ぐらいに到着して少し休憩して寝ました。

しかし箱根の山はものすごい霧でして、3m先ぐらいしか視界が無くて危険です!
皆さん、箱根の山を運転する際は十分注意しましょう!

続きはこちら…



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © バックパッカー大作戦 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.