アジアを中心とした一人旅のバックパッカー旅行記です。国内の旅行記も書いてます。

2003/1/18 台湾旅行記 衝撃の北投(ペイトウ)温泉(2/3)

2003/1/18(土)
衝撃の北投(ペイトウ)温泉

朝の朝食を済ませ、出かける準備をします。


ホテルの窓から見える朝の台北車站駅

今日はちょっと足を伸ばして台湾の温泉に入ることにしました。
台湾の温泉も有名とどこかで見ましてね。

先輩が持っていたるるぶを見ますと北投温泉が有名とか。じゃ、ここに決定。

8:30、出発です。
MRTという電車で行くことにします。150元で一日乗り放題のフリー切符を買いました。
そして台北車站駅から30分。ゆらゆらと電車に揺られ、新北投に到着です。
(北投で乗り換えが必要)

早速歩いて散策です。
雰囲気は日本の温泉街に似ています。
伊香保温泉みたいな街並みでした。
って伊香保ぐらいしか行ったことないけど

そしてるるぶであらかじめ目星を付けておいた温泉が見つかりました。

『昔からある温泉で台湾の大衆に親しまれている伝統的な温泉』

みたいなことが書いてあったんです、この大衆温泉。
やっぱりフツーの温泉じゃつまらないということで
台湾式を体験しようとココに決めたのです。

まずは入り口。
るるぶの写真を見たときは、『あ、なかなかいいんじゃない?』
って思ったんですけど、実際に現物を見ますとかなり怪しげ。


まるでお化け屋敷

島 『ここですか。なんかあやしくないっすか?』

I先輩 『いいから入ろうぜ!』

ということで、早速入ります。
すると衝撃的な世界がそこにはありました。
さすがに写真は撮れませんでしたので、想像してみてください。

---

まず入り口の番頭さんに70元=245円を支払います。
そして更衣室を探しますがありません。
あれれ?更衣室がないよ?奥かな?

そのまま荷物を持って奥に入りますと・・・

!!

なんとそこはもう湯船でした。
どうでしょう、15人ぐらいのおじさんたちが入ってまして、みんなの視線が突き刺さります。

なんか場違いなところに入ってきた感じ。
そのままUターンして帰りたかったですが、入った以上後には引けません。
平静を装いまして、とりあえず先輩と状況を掴みます。

まずは、服を脱がなくては。
しかしどこで脱ぐんだこれは。

湯船のホントすぐ隣に棚が置いてあります。
そう湯船からの距離約1m。

よく中学校とかの部室にあるじゃないですか、
箱型の入れるだけの棚。アレですアレ。アレが置いてありまして、
衣服が入っていました。

え?なに?ここで脱ぐわけ?
みんなに見られながら、ココで脱ぐわけね。
仕方なしにここで裸になりました。
ストリッパーの気持ちが一瞬分かった瞬間でした。

・・・10分後。

限界。
限界です。

そそくさと着替えて出てきましたよ。


いやー、驚きました。
あれは現地の人しか行かない温泉だわ。
るるぶ恐るべし。

温泉を出た後は北投から少し北にある淡水に行くことにします。
電車で移動しました。


ものすごい人通り

街を散策したんですが、ものすごい人でした。
いろんなお店がならんでまして、そうですね・・上野の通りみたいな感じ。

時間はそろそろお昼です。お腹が空いてきました。
この辺りのお店に入って食事をすることにします。

外からチラッと見ておいしそうだったお店に入りました。


これはおいしい!!


鳥肉どんぶり

鳥肉のどんぶりとかまぼこスープを注文。(20元=70円+35元=123円)
注目はこのかまぼこスープ。
自分の食べたいかまぼこを選んで入れてもらいます。
見た目はあっさりですが、味もあっさりです。

しかしこのかまぼこ、非常においしい!
中に肉が入ってまして、肉汁がすごくジューシー!(でも火傷しそう)
なんて名前の食べ物か知りませんが、この淡水では有名な食べ物らしいです。
是非オススメの一品です!

その後は、足つぼマッサージをしに行きます。
やはり台湾と言えば、足つぼマッサージ。
ちょっと期待です。

電車に乗りまして、雙連駅へ。
るるぶに載っていた豪門世家理容名店というお店です。

いやー、しかし台湾って大概日本語が通じるんです。ここもそうでした。
いろんなコースがあるんですが、オプションでいろいろとつけることが出来ます。

ボクは基本コースと足裏マッサージ、耳掃除をチョイス。


イメージです。でもこんな感じ。

いやー、気持ちいい!でも痛い・・・。
3人掛かりでマッサージしたりとかしてくれました。

それぞれマッサージをやるところが決まっているのか、
各担当しているところを徐々にマッサージしてくれます。
お姉さんありがとう。

で、もっとも痛いのはやっぱり足の裏。
もうね、痛いのなんのって。男の先生がやってくれました。
しかも、足の裏で結構状態が分かってしまうのです!

『あなた、肝臓が悪いね!』

えーー!そんなにお酒飲んでないけど・・・。

隣のI先輩なんかは・・

『あなたはコメカミが悪いよ!』

コ、コメカミですか。うーん、怪しい・・・。
でもまあ納得のマッサージでした。(合計2700元=9450円)

とりあえず、ちょっと疲れましたのでいったんホテルへ。
帰りに台北車站駅構内の田中家でシュークリーム買って帰りました。


写真がなかったので拾ってきました


2個購入

結構有名なのかな?そこそこおいしかったです。20元=105円

そのあとちょっと昼寝。

17:30ごろムクムクと起き出します。
体の充電もしっかりできましたので、夜の台湾に繰り出すことにします。

夜の台湾と言えば、やっぱり夜市でしょう!
よくテレビとかで見る、おいしそうな屋台!夜市だけは絶対行きたかったんです!
ということで向かったのは士林夜市。

劍潭駅からは歩いて行きました。
ただちょっと歩かなくてはならず、道に迷いそうになりながらもなんとか到着。

時間が早かったせいか、まだ人はまばら。
開いている屋台も少なかったですが、徐々に賑わってきました。

ただですね、屋台を歩いているときに見てしまったのです。
あの丸い黒いアレを。そう、ねずみです。
あんなまるまる太ったねずみなんて見たことない!!
もうびっくりですわ!心臓が止まるかと思いました。

屋台ではいろいろと食べ歩きました。


カキオムレツ


煮コゴリ?

ただ・・・ただですね、、この他にも肉まん(30元)、ウズラの玉子串(20元)、カンテンのデザート(20元)など、
食べ歩きました。

期待していたほどおいしくない。

台湾の屋台ってもっともっとおいしいものだとイメージしていたんですが、
どれもこれもいまいち。
あの煮コゴリにいたっては全部食べることができないほど口に合わなかった・・。

うーん、どうなんでしょう。
台湾の屋台の実力ってこんなものなんでしょうか?
ボクらの行った場所がいまいちなだけだったのかなぁ。

夜市はぐるっと見物したあと、台北車站駅に戻りました。

ホテルに戻る前にネットカフェ。
また、新光三越のB2階でおみやげも購入しました。(からすみ650元、パイナップルケーキ800元)
パイナップルのケーキは結構有名みたいですよ。ボクも食べましたが結構イケました。
おみやげにはいいかも。ただ結構重い・・・。

そしてビールをコンビニで買ってホテルに戻り、先輩と飲んだ後眠りにつきました。

さて、いよいよ明日は最終日です!

続きはこちら…


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © バックパッカー大作戦 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.